自由奔放なんて言われる私ですが、まだまだやりたいことがたくさんあります(笑)。そんな一方で日本、特に女性は「こうあるべき」と思って、周りに合わせる人わりと多い。
ディズニー最新作『モアナと伝説の海』の悩みつつも、自分の信じる道を行くモアナにハッとさせられることは多いかもしれませんね!

モアナと伝説の海5

出典:www.cinemacafe.net

勇敢でたくましいヒロイン!モアナと伝説の海

3/10(金)より公開の『モアナと伝説の海』。すでに日本語吹き替えのキャストや歌詞も、発表されますます期待が高まりますね♪
今や『アナ雪』のように自立した、たくましいヒロインが、定番のディズニー映画。今回は海を愛し、選ばれる勇敢な少女・モアナがヒロインです。

【ストーリー】
海に選ばれた16才の少女モアナ──海が大好きな彼女は、島の外に出ることを禁じられながらも、愛する人々を救うべく運命づけられる。
それは、命の源である女神テ・フィティの盗まれた“心”を取り戻し、世界を闇から守ること。闇の影響で島はは死んでいき、漁業も農作物も大きな被害にあっていたのだ。神秘の大海原へ飛び出した彼女は、伝説の英雄マウイと出会い、世界を救う冒険に挑む。困難に悩み傷つきながらも、立ち向かっていくモアナだったが・・・。

モアナと伝説の海1

みんな一緒を求める女性たち

『アナと雪の女王』のでは「ありのままで」がブームになり、『モアナ〜』でも周りの期待どおりになれないモアナの気持ちが歌に込められています。「思いのままに生きたい!」という女性が増えているんじゃないか・・・と思いますが、実際にはまだまだ周りの目を気にしている女性が多いです。

  • 自分のやりたいようにやったら、みんなに嫌われる
  • つねにかわいくいなきゃ、男の子にモテない
  • 独りになるのって怖い・・・

などなど、キリがないんだけど(笑)。雑誌やネットに取り上げられる同じようなメイクの女の子、モテ系ファッションの女の子(石原さとみ系とかw)とかいますよね。
周りのいうことに惑わされて自分のスタイルも個性も見つけられない女の子は多い。

モアナと伝説の海3

私も、20歳前後までは、周りを気にしてばかりでした。昔から歴史や古い洋楽が大好きだったんですが、小学生のときクラスの子から「なんでそんなヘンなものが、好きなの?」って言われてから、自分の趣味を隠していた時期がありました。いまだにヘンって言われることに、悩むこともありますけどね・・・

中学生のころから、トイレに行くにしても友達と一緒でないとイヤ、仲間はずれはイヤって思うことありませんでしたか?いくつになっても、友達で固まってないと不安で、「思いのまま」に生きると嫌われるから、大人しくしてる。女性にはそういう傾向が特に強い気がします。

はみ出ることで、自信ってつくもの

世界を生んだ命の女神テ・フィティの心が何者かに盗まれ、闇に包まれてしまった世界。島の海の外へ出ることを禁じていた島の掟に逆らい、愛する人々や世界を救うため、悩みつつも冒険に出るモアナ。安全な場所にとどまる周りの人々から抜け、モアナは命がけの旅に出ていくのです。

その姿は、ハラハラすると同時にすがすがしくもあります!!私自身、21〜23歳まで、地元千葉を離れ、北陸の旅館にいました。気候も違えば、常識も違う。ほとんど同世代の友達しかいなかったのに、ここでは、20代から6、70代もいて。

モアナと伝説の海2

まさに、モアナと同じように冒険の旅に出る気持ち!!(笑)環境も年齢も変われば、常識も変わる。「当たり前」なんてないんだ、と学びました。外に出れば、自分で判断し、傷つく痛みも、涙も受け入れるしかありません。でもそれを乗り越えた先に、自信も自分のスタイルもやってくるもの!

「これでモテる!」っていうマニュアルなんてないし、誰だって好きなタイプはバラバラだったりします。むしろ、個性と自信がある子のほうがすがすがしくて、モテてる気がする。モアナのように好奇心と信念に従ってはみ出るの、トクですね(笑)

モアナと伝説の海4

誰もがモアナみたいに生きていけないかもしれない。でも、つねに人の目を気にしてたら、笑われない代わりに印象にも残らない。恋愛のうえでもかなり損だと思います。1人の時間を作って、やりたいことを考える。1言でいいから会議で発言する。思いのままに行動することで、自分が変わるはずです。