ヨガ

ヨガは「呼吸」と「心身」を、一緒にとらえて行っていきます。
深い呼吸を意識して、全身をリラックスさせましょう。

ガス抜きのポーズ

お腹のガスを抜き、下腹部の引き締め・腸機能の正常化が見込めます。

仰向けに寝て、膝を胸に当て、膝を両手で抱えます。
上体とお尻を上げ、太ももを下腹につけ、5回呼吸します。
こうすることで自然にガスが抜けます。

難しいと感じたら、両足を抱えるのではなく、片足を抱えるだけでOKです!

コブラのポーズ

胃と腸に、同時に効くポーズです。
うつ伏せになり、全身をピンと伸ばし、胸の横に手を置き、上体を起こします。
骨が1本ずつ動いていくイメージで、背中を反らしていきましょう。
背中が起こし切れたら、5回ほど呼吸しましょう。

ねじりのポーズ

左膝を立てて座ったら、右肘を左膝に当てるようにし、体をねじります。
その時に、呼吸を忘れないようにしてください。
5回ほど呼吸を繰り返したら、逆側も行います。

トレーニング

腸を鍛えることによって、便秘や肌荒れの改善・免疫力の向上が図れます。
まずは腸のマッサージからご紹介します。

小腸のマッサージ

おヘソの周りを手のひらで10周ほど時計回りにさすります。
おヘソの上指2本分の位置を、指2本で10秒ほど押さえます。

大腸のマッサージ

右の骨盤の内側から左の骨盤の内側にかけて、手のひらで、10周ほど時計回りにさすります。

腸腰筋のトレーニング

仰向けになったら、足と上体を上げ、V字のバランスを取ります。
自転車をこぐイメージで、足をグルグル回します。

 

【関連記事】
ヴィクトリアン・シークレットモデルの体を作る! そのエクササイズ法とは!? ~コアエクササイズ編~

下腹部を引き締めるにはどんなストレッチが効果的?

ダイエットに効果があるヨガのポーズ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう