この季節になると、どくだみが道端やら庭やらに威勢よく生えているのをみかけませんか?
濃い緑色の葉に白い小さな花がどくだみで、一見雑草のように見えますが、雑草ではなく、昔から用いられてきた日本のハーブです。
是非飲んでみてはいかがでしょう?

どくだみは毒を溜めるという意味ではありません

どくだみの開花時期は5月〜7月頃と言われています。繁殖力が高いので、少しの根があれば一斉に咲き誇ります。
独特なにおいがあるので苦手な人も多いようですが、そのような理由で古来は『毒溜め(ドクダメ)』と言われていたらしいです。
決して「毒を溜める」というわけではありません。
むしろ、どくだみの大きな作用と言えば「解毒」で、様々な効能があるのです。
また、“どくだみは十薬”などとも言われていますが、その効果は十では収まりきれない程だと言われています。

解毒作用による様々な効能

どくだみのポイントはズバリ「排便・利尿作用」と「毛細血管の強化」だそうです。

排便・利尿作用

体内に溜まっている老廃物や毒を排出してくれるそうで、結果ニキビやアレルギーの改善、疲労回復、むくみなどの解消につながると言われています。
更に、解毒作用によって血液もきれいになるそうなので、生理不順などにも効果があるそうです。

毛細血管強化

冷え症の改善・予防、動脈硬化・高血圧の予防にもなるようです。
胃酸過多にも効果があるみたいなので、暴飲暴食などの際に煎じて飲んでみるのもいいかもしれませんね。
抗菌作用もあるようなので、外用薬として使用するのもいいかもしれません。

どくだみ茶を飲んでみましょう♪

どくだみ茶

どくだみはお茶として煎じるのが一般的です。
その際、普通のやかんや鍋ではなく、できれば耐熱ガラスや土瓶、ホーロー鍋を使用しましょう。
たくさん入れればいいというわけではなく、大さじ1,2杯くらいをたっぷりのお湯でコトコトと弱火で煮るのが良いですよ。
もちろん普通のお茶のように熱湯をかけて頂いてもいいとのこと。
いずれにしても、どくだみをお湯に入れっぱなしにしないというのがコツだそうです。
漢方薬を飲んでみるつもりで試してみてくださいね。

【関連記事】
紅茶は脂肪燃焼に効果あり?!1日3杯の紅茶で美ボディになれる♪

脂やカロリーが気になる時は「陳香プーアール茶」でダイエットサポート♪

あまり知られてないビタミンC豊富な「柿の葉茶」♪

「緑茶」が海外ダイエッターたちの間で注目されている理由

ファスティング&デトックス茶で腸をお掃除!