みなさんは正しい歯磨きをしていますか?

「正しい歯磨きといってもいまいち、何が正しいのかわからない…」なんて人も多いのでは?
実は正しい歯磨きの他、正しい歯磨き粉のつけ方があるんです!

正しい歯磨きの仕方

・歯ブラシは固すぎず柔らかすぎず市販の歯ブラシでいう「普通」の固さがベスト。
・持ち方は歯ブラシのハンドルを鉛筆持ちで持つ。
・歯ブラシの毛先が歯周ポケットに45度の角度で歯茎と歯にあてる。
・丁寧に1本1本を毛先を小刻みに揺らす感覚でゴシゴシとは磨かない。
・1本の歯に対して20回以上動かす。

正しい歯磨き粉のつけ方

歯磨き粉 つけ方

・フッ素入りの歯磨き粉がオススメ。
・歯磨き粉の量はつけすぎに注意!1センチ程度の量でOK!!

歯間ブラシやデンタルフロスの使用方法

歯間ブラシとデンタルフロス やり方

歯ブラシだけでは取り除けなかった歯と歯の間の汚れを取るには、歯間ブラシやデンタルフロスの併用がおすすめ。

使用方法は簡単♪

歯間ブラシ

歯間ブラシ

歯間ブラシを歯間部にゆっくり挿入して、数回前後に動かすだけ。
奥歯に使用するときは歯間ブラシのプラスチック部分からブラシ部分を折り曲げて使用します。

デンタルフロス

デンタルフロス

約40㎝ほどの長さに切り、フロスの片側を2~3回ほど左中指にまきつけます。
両手の間隔を10㎝ほどにし右手の中指に残りのフロスをまきつけます。
両手の親指と人差し指でピンと張るようにつまみ、親指と人差し指を使いながら、歯と歯の間に入れ、前後にゆっくりと動かします。

食べかすや磨きのこしは、虫歯や歯周病の原因となります。
正しい歯磨き、歯のケアをして白い歯を手にいれ、自信をもっておもいっきり笑いましょう!!

【関連記事】
歯科医のすすめるホワイトニング♪セルフで出来るケアアイテムで白い歯に

歯磨き粉の危険性…「白い歯」「虫歯予防」できる歯磨き粉の実態