スキンケアの代表ともいえるフェイスパックですが、最近は自宅でも作れるオリジナルパックが流行中。
なかでも「緑茶パック」というものが流行の兆しを見せています。
実は緑茶には美容成分がたっぷり♪
パックにして浸透させることで、外側からのケアもできるのです。

緑茶パックの驚くべき美容効果

緑茶に含まれている美容効果としてはタンニンやビタミンC、そしてクロロフィルと呼ばれる葉緑素などが挙げられます。
これらの栄養素には皮膚修復効果があり、くすみやシミなどの改善に役立ってくれます。
特にビタミンCには「抗酸化作用」があり肌の老化やシワになるスピードを抑えてくれる効果もあります。
このように内側からだけでなく、直接的な効果のある外側からのケアも重要なのです。

自宅でできる緑茶パック

作り方

まずは小麦粉とその半量の緑茶(粉状のものであれば尚良い)をそれぞれ用意してください。
次に緑茶をミキサーにかけ、更に粒の細かいものにしていきます。
あとは小麦粉と緑茶を混ぜたものに少量ずつ水を加えていくのですが、このときに少量の蜂蜜を加えるとニキビ予防や毛穴汚れを落とすのに効果的なのだとか。
その後耳たぶほどの固さになるまで練れば緑茶パックの出来上がり。

使用時の注意点

実際に緑茶パックを使用するときには伸ばしやすいように水で薄め、塗ってから10分〜20分経った頃に水で洗い流しましょう。
この際パックが乾燥しすぎると、かえって肌荒れの原因となってしまうので注意が必要です。

意外と簡単に作ることが出来る緑茶フェイスパック。
肌荒れにお悩みという方は是非一度お試しください。

【関連記事】
海で日焼けしても大丈夫!美白&保湿パックで集中ケア

湯船でホットパック♪じんわり浸透するパックはコレ!

朝に効果的な洗顔&保湿法はコレ♪いつでも乾燥知らずに

角質をとって美肌にもなれるピーリングの効果と注意点

乾燥が気になったらコレ!メイクの上から使えるオススメ保湿スプレー