久しぶりにノースリーブやスカートを履いてみてビックリ!
ムダ毛ってこんなに処理できてなかったの?!
そこで焦ってムダ毛処理してしまう女性、多いのではないでしょうか?
そして、ムダ毛の処理のあと、皮膚に赤い湿疹ができたり、乾燥から痒くなってしまったり…。
何気なくやっているムダ毛処理。実は意外なことがタブーになって肌トラブルを起こしているのかもしれません。
間違ったムダ毛の自己処理をしていないか、チェックしてみましょう。

ムダ毛処理でのタブー!肌トラブルになる前にチェック!

毛抜きを使う

毛抜きで抜くと剃るより見た目がキレイに仕上がりますよね。多くの女性がムダ毛処理の方法として用いているのではないでしょうか。
ですが、この毛抜き行為、NGなんです。
毛抜きで抜くことで、皮膚が引っ張られブツブツと鳥肌が立ったような肌になってしまったり、皮膚の中にムダ毛が埋まっている状態(埋没毛)になることがあります。

毛穴へのダメージは毛抜きが一番高く、抜いたあと雑菌が入ると「毛包炎」という赤い湿疹ができることもあるのです。

入浴中にボディソープを使いカミソリで剃る

手軽に出来るので、お風呂の中でボディソープを使いカミソリで剃る方、多いと思います。
一見、ボディソープで肌への滑りを良くし、肌への負担が少ないと思っているのではないでしょうか?

ですが、ボディソープは本来皮脂などの汚れを取るものです。
そのためボディソープを塗ると角質なども取れやすい状態になり、カミソリで大切な角質を剃り落とし肌荒れの原因になってしまうのです。

また、お風呂は清潔にする場所ですが、水気が多く雑菌が繁殖しがちなのです。
そこで、カミソリで皮膚に傷をつけると雑菌が入り込む可能性が高くなります。

カミソリで毛の流れに逆らって剃る

足のムダ毛を処理するとき、カミソリを下から上方向へ流していませんか?
毛の流れに逆らったほうが、より深くキレイに剃れる気がしますよね。

ですが、逆剃りは、毛の流れに沿うよりも毛羽立ち、角質がめくれやすくなります。
カミソリ負けなどが、代表的な皮膚トラブルですが軽く考えていると大変なことになってしまいますよ。
角質を剥がし小さな傷を付け続けると、炎症からだんだんと色素が沈着し赤黒い皮膚へと変わることもあるのです。

その他、除毛クリームやテープなど、皮膚への刺激が強いものはなるべく控えた方がいいでしょう。
また、生理前などは、ホルモンの影響で肌が敏感になっているので注意が必要です。

いかがでしたか?意外と普通にやっていることがタブーだったのかもしれませんね。
間違ったムダ毛処理で、皮膚にトラブルを起こさないように十分注意してくださいね。

【関連記事】
GWこそ自分磨きのチャンス!夏に向けてムダ毛処理

傷んでしまった皮膚には何もしない方が回復が早い!?5段階方法がオススメ♪

幅広く使用できるスクワランオイル!高純度の高いスクワランオイルを選んで肌ケア♪

肌の露出が増えるこれからの季節…ツルツル白肌をキープする方法って?〜生活習慣編〜

ピーリングみんなは何使ってる?肌別のおすすめアイテム♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう