ダイエットに成功!やっと目標体重を達成した〜!
…と喜んでいるのも束の間。怖いのがリバウンドですね。
せっかく痩せたのに元の体重に戻ったり、それ以上に増えてしまうと悲しいものです。
そこでオススメしたいのが「食べ方改善」!
ダイエット後に食べ方を工夫すると、リバウンドを防ぎ、もっと痩せることができるかもしれませんよ。
日頃、実践したい食べ方をチェックしてみましょう♪

食事の前にコップ1杯の水分補給

食事を取る前に、水分を補給して胃の中を満たすと満腹感がアップします。ミネラルウオーターや炭酸水など糖分やカロリーのないものを飲みましょう。

1日3食なるべく同じ時間にキチンと食べよう

食事を摂る時間は、なるべく同じ時間にすると脳が記憶してくれ他の時間に食べ物を要求することが少なくなります。
また食事時間が空きすぎるのは、カラダが飢餓状態になり脳が「沢山食べなさい」と指令を出すので、食べすぎにつながります。

食事のスタートは食物繊維の摂取から

先に食物繊維を食べることで、糖質の吸収が穏やかになり脂肪の溜め込みを抑えてくれます。
野菜サラダなどの野菜類や、きのこ類が良いですね。たくさん噛むように意識すれば満腹感もアップします。

次に汁物、タンパク質であるお肉やお魚を食べ、最後にご飯などの炭水化物を食べていきます。

ゆっくりと時間をかけ、よく噛んで食べる

お腹がいっぱいになったと脳が感じるのは、食事開始から15分〜20分なのです。
早く食べてしまうと、たくさん食べることになり、食後もすぐにお腹がすいた状態になってしまいます。
またよく噛んで食べることは、満腹中枢を刺激し少しの量でも満足感が得られます。
まずは完全に口の中の食べ物がなくなってからひと呼吸おいて、次のひとくち入れる習慣をつけると自然に噛む回数が増えていくと思います。

4つのことを実践して、リバウンドなしの美ボディを作り出してください♪

【関連記事】
黒い食材にシフトチェンジ!自然の恵はやっぱりスゴイ

ファスティングを取り入れた青汁ダイエットで<br>しっかり効果的!

無駄食い防止!食欲を抑える方法

生活習慣ダイエット!ズボラ女子でも痩せられる!

野菜ばかりはNG!! 肉と野菜のバランスがダイエットのポイント