毎日ダイエットに励んでいるけど、何だかうまくいかないことってありますよね。体調や精神面で変化が起きて、元気がなくなってきていませんか?それはもしかしたら、ダイエット病かもしれません。深刻な症状を引き起こす前に、元気なあなたを取り戻しましょう。

ダイエット病とその対処法とは?

ダイエットをする目的は何ですか?もちろん、キレイになるためですよね。でも、長い間ダイエットを続けていると、本来の目的を見失いがちになってしまいます。陥りがちな危険信号をいくつかご紹介していきます。

体重を減らすことに固執する

ダイエットですから、体重を減らすことが目的なのはわかります。しかし、本来のダイエットとは「減量」ではなく「調整」なのです。
ダイエットを繰り返しているうちに、体重が少なければ少ないほど良いと勘違いしがちですが、痩せすぎてしまうと魅力的ではなくなります。肌荒れもひどくなり、拒食症や過食症などの摂食障害を引き起こす危険性もあります。
ダイエットの終了を見極めるようにしましょう。

心のケアを忘れる

ルールに縛られ過ぎていたり、我慢の限界を超えてストレス過多になっている可能性があります。そもそもストレスはダイエットの大敵です。血行不良を起こし、代謝を下げてしまいます。それにイライラしていては、魅力的な女性とは言えません。
また野菜ばかり食べて、肉や魚などのタンパク質を充分に摂取していないと、うつ病になる恐れがあります。セロトニンが分泌されなくなると、うつ病を引き起こす可能性が高いのです。
栄養バランスの良い食事を心がけましょう。

リラックスできない

いつも頭の中はダイエットのことばかり考えていて、緊張状態が続いています。ダイエットが失敗すると、必要以上に自己嫌悪に陥り、達成感を全く味わうことができません。お風呂でリラックスしたり、安眠するなど対策を取りましょう。

【関連記事】
ダイエットはまず質の良い睡眠から♪熱帯夜でもOKな安眠のススメ

食べないダイエットはNG!ホルモンバランスが崩れる原因に…

根拠のないダイエットの常識…あなたも間違えて認識してるかも?

やるからには絶対成功させたい!知っておくべきダイエット豆知識

ダイエット中の気分転換はココアで決まり♪知られざるココアの効果

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう