ダイエットやアンチエイジングの大敵は、血行不良です。血行が悪くなると、冷えやむくみが生じて、代謝が悪くなります。また、肌荒れも引き起こしてしまいます。さらに、動脈硬化や肥満、高血圧なども引き起こすので、健康に被害が及ぶことも考えられます。
テレビなどでも話題になった南雲先生が推奨するごぼう茶を飲んで、血行を促進し、健康と美容を手に入れましょう。

ごぼう茶のダイエットやアンチエイジングの効果

ごぼう茶には、サポニンという成分が含まれていて、コレステロールを下げるはたらきがあります。また、肝機能を強化することで、脂肪が蓄積されるのを防ぎ、老化を防止するはたらきがあります。
また、動脈硬化や肥満を予防することができるので、年齢とともに発症しやすくなる生活習慣病を予防することもできます。そのため、ダイエット効果やアンチエイジング効果を得られるのです。

ごぼう茶の作り方

皮つきごぼうをたわしで洗います。
包丁かピーラーでささがきし、ふたたび洗います。
2〜3時間天日干しにして、乾燥させたら、油をひかずに、フライパンで弱火〜中火で焦がさないように炒ります。
でき上がったごぼうと水で、煮出して完成です。
炒ったゴボウは、密閉容器で冷蔵保存すれば、一ヶ月位保存可能です。

効果的な取り入れ方

アクはそのままで!

アクは良くない物というイメージがありますが、実は、うま味と栄養がたくさん詰まっているのです。ごぼう茶を作る時には、皮もそのまま使用して、アクを抜かないようにしましょう。

飲むタイミング

飲むタイミングは、朝起きた時から夜寝る前まで、いつ飲んでも構いません。カフェインが含まれていないので、眠れなくなることもありません。

1日の摂取量

1日の摂取量の目安は、4〜5杯程度です。飲み過ぎても良くありませんので、適量を守って飲みましょう。

【関連記事】
紅茶は脂肪燃焼に効果あり?!1日3杯の紅茶で美ボディになれる♪

脂やカロリーが気になる時は「陳香プーアール茶」でダイエットサポート♪

あまり知られてないビタミンC豊富な「柿の葉茶」♪

「緑茶」が海外ダイエッターたちの間で注目されている理由

ファスティング&デトックス茶で腸をお掃除!