スキンケア用品や化粧品には必ずと言っていいほど「防腐剤」が入っているのを知っていますか。
これが入っていないと細菌が繁殖したり酸化を招いたりして、肌にトラブルを招くと言われています。
さてこの「防腐剤」、実際危険な物なのでしょうか。

メジャーな防腐剤「パラベン」

防腐剤としてよく使われているのが「パラベン」です。
「エチルパラベン」や「ブチルパラベン」という名前を見たことがあるのではないでしょうか。

「パラベン」は旧表示指定成分であり、皮膚障害やアレルギーを起こすとも言われていますが、その確率は約0.3%と言われています。
いいイメージを持っていない人が多いとは思いますが、大量に使用するわけではないので、それほど敏感になることもなさそうです。

また、最近では「フェノキシエタノール」という防腐剤が多く使われているそうです。
ただ、「パラベン」よりも防腐作用が少ないことから、配合量が多めとも言われています。

防腐剤無添加の実態

乳液やクリームには基本的に少なからず多からず、油脂が入っているものだそうです。
ですのでいくら「無添加」「オーガニック」と謳われていても、やはり細菌やカビを繁殖させないように防腐剤が使用されているらしいのです。

しかし成分などを見ても防腐剤が入っていない場合があります。
実は合成界面活性剤にも防腐剤としての働きもあるようなので、防腐剤が入っていないからといって安心しない方がいいと言われています。

その他に「酸化防止剤」が防腐剤の代わりに何種類も使われていたりもするようです。
オーガニックな物に関しては、天然の防腐剤(グレープフルーツ種子エキスなど)がたくさん配合されているそうなので配合量に気をつけましょう。

防腐剤が入っていない化粧品は無意味

もし防腐剤が入っていない化粧品があったらどうでしょう。

出来なくもないのですが、それは“純粋な水”を使うことだそう。
水道水やミネラルウォーターではなく、水素と酸素だけしか含まれていない水のことだそうです。
よって美容成分も配合できないということです。
少しでも配合されてしまうと腐敗が進んでしまいます。

また、一回使いきりの化粧品も出来なくありません。
この場合強力殺菌され、その後美容成分を配合し、さらに強力に殺菌されてしまいます。
要は長時間の殺菌作業を行うと言うことです。
ですのでこの中にあった菌は死滅し、それと同時に美容成分も意味がなくなってしまうらしいので、
その結果何のメリットもない化粧品が出来上がると言うわけです。

いかがでしょうか。
防腐剤は意外に大切なものだったりするので、悪いイメージをあまり抱かないようにしたいですね♪

【関連記事】
増加している“薬の入った化粧品=薬用化粧品”本当に肌にいいの?

化粧品は劇的に変化するものではないって知ってましたか?

美白化粧品に潜む落とし穴…!種類と使い方をマスターしてシミともサヨナラ♪

オーガニック化粧品は本当に安全? 実は意外な落とし穴が…

敏感肌だけどニキビケアしないと…どの化粧品がベスト?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう