エステやマッサージなどに行くと、顔や体を温めてくれる場合がありますよね。温められるとなんだか心も落ち着きませんか?
肌もそうなんです。温めると血行が促進されて血液の栄養を届けやすくしたりする効果があるそうですよ。少し面倒かもしれませんが、せめて1週間に1回、蒸しタオルを取り入れてみませんか。

蒸しタオルをするとどんな効果が?

お肌の悩みってそれぞれどうしてもあると思います。ニキビやシミ、毛穴やシワ、たるみなどなど…
蒸しタオルをあてることにより、血流がよくなるようで肌の代謝が高くなるそうです。
そのため、アンチエイジングとしての効果が望めると言われています。
また、角質を柔らかくする効果もあるので、汚れや皮脂が取り除きやすくなるそうです。

蒸しタオルのやり方

まずはメイク落とし

メイクをしている場合、できれば成分のよい油でメイクをオフします。そしてコットンなどで拭き取ります。

蒸しタオルを作る

フェイスタオルをくるくるとロールケーキのようにまるめ、水で十分濡らしてから絞ります。かためじゃなくても大丈夫です。
ラップでそれをくるみ、電子レンジにかけます。慣れないうちは1分程度で様子をみましょう。慣れてきたら1分半から2分くらいでいいと思います。

顔に乗せる

蒸しタオルを取り出したら、火傷に注意しながらゆっくりと顔に乗せます。両手でゆっくりと軽く押さえましょう。冷める手前まで乗せておきます。
そしたら残ったメイクなどを落とすようなかんじで強くこすらない程度に顔を拭き取ります。

洗顔以降のケア

その後成分のよい石けんなどで洗いましょう。クレンジングオイルなどを使っている場合は皮脂が更におちてしまうので、ぬるま湯程度でさっさと洗顔するくらいがいいでしょう。
その後は化粧水やクリームなどをつけて保湿します。
夏の間などは化粧水を冷蔵庫で冷やすのもオススメだと言われています。そうすることで毛穴もしまりますし、メイク前などは化粧崩れを予防してくれるそうです。

注意すべきこととは?

蒸しタオルはある程度の温度が必要だそうですが、だからといって触れないくらいの熱さのタオルを顔に乗せても火傷をするだけですので、その際は少し冷ましてから顔に乗せましょう。無理は禁物です。

そして蒸しタオルを作る際に使う水は、なるべく蒸留水や軟水のミネラルウォーターを使う様にしましょう。

また、タオルは毎回きれいなものを使用し、刺激の強い洗濯洗剤や柔軟剤で洗濯したものの使用はやめた方がいいそうです。
純石けんや石けん洗剤を使用するといいそうです。

筆者はクレンジングの後に必ず蒸しタオルをあてるのですが、とても気持ちいいので、1日のご褒美のようになっています。

【関連記事】
女性の大敵「シワ」の種類と解決法♪日々の生活でシワ回避

ストレスで肌も危険信号!?ストレス解消しながらリフトアップ

ニキビに肌荒れ…肌トラブルは漢方で治すとイイ♪

たっぷりセラミド補給でうるうる素肌♪ツヤのある毎日へ

肌トラブルを回復させる近道とは?勇気を出してスキンケア減らしてみましょう!