朝のメイクアップ時間を少しでも短縮できれば、ということで近年BBクリームとCCクリームを愛用している人が多いかと思います。なにしろ一本で美容クリーム、化粧下地、ファンデーション、コンシーラ、日焼け止めの役目を果たしてくれているのですから。
でも中にはBBクリーム、CCクリーム、どっちがどうなの? という疑問を持たれている人もいるのではないでしょうか。

BBクリームとCCクリームの違いは?

BBクリームとCCクリームの違いは

BBクリームの“BB”とは一体なんだろ? CCクリームの“CC”ってどんな意味だろ? なんて思ったことはないでしょうか。
これらは字の通り英語の略なんですね。

“BB”とは

“BB”とは、Blemish Balmの略だそうです。
つまり傷をカバーする油という意味で、もともとはピーリングの後に肌の炎症を抑えながら肌を守ったり、傷跡をカバーするために作られたものと言われています。肌をしっかりカバーするという意味でBBクリームは作られています。
しかし欠点は、「塗ってる感」があること。コンシーラーをしっかり塗っているような感じというわけです。

“CC”とは

一方CCクリームは、Color Controlの略だそうです。
つまり肌の色をきれいにみせてくれるものと言われています。BBクリームよりも透明感のあるきれいな肌に見せることができるそうです。
また、CCクリームはどちらかというと、化粧下地に美容効果をプラスしたものなので、ファンデーションという使い方ではないようです。
BBクリームの進化系と言われていますが、もともと目的が違うようです。

二つとも安全なの?

基本的に使っていてかぶれや湿疹などを起こしてなければ大丈夫だといわれていますが、BBクリームは美容クリーム〜日焼け止めまでの役割を果たしています。そうなるとどうしても含まれる化学物質が多くなっていきます。そのなかでも合成ポリマーが何種類も使われていたり、タール色素、紫外線吸収剤が使われていたりするなので、注意が必要です。
それを落とすためには強いメイク落としを使わないと取れませんので、肌を傷つけてしまう可能性も否定できません。
またCCクリームも成分的にはあまりBBクリームとは違わないようなので、これも同じことが言えるでしょう。

選び方は?

中にはもちろん比較的安全性の高い成分で作られたBBクリームやCCクリームが販売されているようです。
できるだけそういうものを使う様にした方が肌には優しいのかもしれません。
尚、いずれにせよ、肌になんらかのトラブルが出た際には使用をすぐに中止してお肌を休ませてあげた方が良いですよ。

【関連記事】
夏にお役立ち!ササッとできるメイク直しの方法とおすすめアイテム

コレ一本でメイク崩れなし?!メイク後のスプレーで1日肌キレイ♪

梅雨時はメイク崩れが気になる!雨や湿気に負けないメイク法って?

万能ベビーパウダーの使い方♪日焼け防止にもメイク崩れにもOK!

プチプラコスメで盛る!新発売されたチープコスメでフルメイク♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう