これからの季節、女性が気にすることはたくさんありますよね。その中でも「汗」は生理現象ですがとてもやっかいな問題。
電車で吊革につかまろうと腕をあげたら脇に汗染みが! なんてこともあるかと思います。
また、汗のニオイも気になるところ。
そこで必需品になるのが「制汗剤」ですよね。
色んな種類が売られていますが、肌トラブルを起こしたことなどはありませんか?

毛穴を塞いでしまうと更にニオイが増す!?

制汗剤

制汗剤には汗を抑えるための“収れん剤”と、雑菌を抑える“抗菌剤”が含まれていて、種類によっては香りでごまかすものと、ニオイの元となる菌を殺菌するものがあるようです。
これらに共通しているのはパウダーで毛穴を閉じてしまうこと。そうしてしまうとかゆみや黒ずみの原因となる可能性があるようです。
また、逆に毛穴をふさぐわけですから、老廃物の排泄を妨げることになります。そうすると更にニオイが増えると言われています。

乳がんのリスクが高まる!

世の中には肌に付けてはいけないと言われている成分を含んだ物が実はたくさん売られているそうです。スキンケア用品、虫よけ、日焼け止め、ヘアケア用品、香水など…
その中に実は制汗剤も含まれていると言われています。
怖い話になりますが、制汗剤には危険な成分と言われている『アルミニウム成分』というものが配合されています。“有効成分”として汗の出口、つまり毛穴をふさいでニオイを汗ごとブロックする目的だそうです。
しかし脇の下などの薄い皮膚からは、こういった有害物質が体内に吸収されやすいと言われています。ましてや脇の下にはリンパがあります。リンパを通って胸に集まり蓄積され、乳がんの原因となるということも言われているそうです。

ノンケミカルデオドラントもあるらしい♪

また、他にも有害と言われている成分が含まれており、肌が腫れたり吹き出物、蕁麻疹、ニキビなどの副作用もあるということです。体質によって違いがありますが、多用は控えるべきだと医師なども苦言を呈していると言うことです。
それでもやはりエチケットとしてどうしても必要ですよね。
中にはノンケミカルだったり成分の良いものなどが売られていますので探してみましょう。
ただしオーガニックだからと言って全てがいいわけではないようです。できるだけシンプルな成分のものを選ぶのがコツだそうです。

【関連記事】
ダクダクの汗もパッと引く?!体温をコントロールする方法

脇のニオイは皮膚の常在菌が原因!消臭ケアはコレを使う

運動不足の人は汗臭い!?解消するにはどうすれば良いの?

爽やかな香りで汗のニオイをカバー♪様々なデオドラントグッズと効果的な使用方法

無香料派の人にも好評♪フレッシュフローラルの香りの制汗剤