「馬油」と書いて「ばあゆ」と言います。薬局などで見かけますが、正直一体なんだろう? と思ったことはありませんか?
「馬油」は古くから、ヤケドやケガなどに使われてきたそうです。近年スキンケアにも取り入れる人も増えて来ているようです。

馬油ってなに?

馬の油

字の通り、「馬の油」です。
わかりやすく言うと、豚の油はラード、牛はヘッド、ヒツジはラノリンといいますよね。
馬の場合は「馬油」なんだそうです。
とても浸透力がよく、中国では約4000年も前から使われてきたそうです。保湿効果も抜群で肌なじみがいいそうです。
抗酸化作用や殺菌作用、そして熱を取り去り炎症を沈める効果もあるというから、まさに“万能薬”と言われているだけの事はあると思います。

馬油の効能は?

こうしたことから、「馬油」は乾燥肌やシワ、シミ、ニキビ、日焼けなどのスキンケアにも効果的と言われています。
さらにやけどの痛みや炎症を取ったり、皮膚のかゆみや化膿、しもやけ、水虫にまで効くと言うから驚きです。
しかも口に入れても害はないということで、リップケアとしても使えるそうです。
「馬油」さえあれば、薬などいらないとさえ思えてきますね。

馬油は皮脂の代わりにならない?

ところが、いくら「馬油は皮脂に近い構造をしている」と言われていても、結局人間の皮脂ではないということ。「馬油」は、馬の皮脂から作られるわけではなくあくまで馬の脂肪から作られているそうです。
確かに有害なものは入っていないと思いますが、「馬油」だけを使うのも注意が必要という説もあります。油だけを塗り続けると、皮膚の水分が蒸発しないのでかえって溜まり過ぎて不全角化、つまり肌の角質の生まれ変わりがされなくなってしまう恐れもあるようです。

コツは“薄く伸ばすこと”

馬油はよく伸びる上に、少量でも十分に効果が得られます。
塗りすぎても効果がアップするわけではなく、ベタついてしまうだけなので、米粒大のものを薄く伸ばすのが良いでしょう。
肌質や体質は人それぞれですので、様子を見ながら少しずつ使うといいかもしれませんね。
筆者もハンドクリームとして使ってみたいな、と思いました。

【関連記事】
「乾燥」と「油分」のバランスを心得てバランスよくニキビケア

アマニ油を取り入れよう♪美容にも健康にもいいアマニ油って?

肌トラブルを回復させる近道とは?勇気を出してスキンケア減らしてみましょう!

幅広く使用できるスクワランオイル!高純度の高いスクワランオイルを選んで肌ケア♪

スクラブとオイルで肌磨き&保湿♪湯船で温まってから行うと効果◎