暑い夏は、冷たいものがおいしくてやめられませんよね。この甘さが夏の疲労を回復してくれるかも!なんて、言い訳をして食べてしまうアイスクリームには、なんとダイエット効果があるというのです。

アイスダイエットの理論

バニリン

バニラビーンズに含まれるバニリンという香料成分には、肥満予防効果と体重減少効果があります。
人間の身体にとって脂肪は必要な栄養素なので、脂肪分を控えすぎると、飢餓状態になり、かえって脂肪が溜まりやすい体質になるという悪循環を引き起こすのです。
1日に55gの脂肪分を摂取するのが、理想的だと言われています。
あえて高脂肪のアイスクリームを食べることで、余計な脂肪をため込まずに済むという理論です。

代謝アップで脂肪燃焼

アイスを食べ、一時的に体温を下げることによって、人間の体は本能的に体温を上げようとするのです。
体温を上げ、代謝アップを促すことで、脂肪が燃焼するのです。

豊富な栄養素

アイスクリームは乳製品なので、甘いだけのお菓子とは違い、カルシウムやミネラルが含まれています。
また、カルシウムには精神を安定させる効果もありますので、ダイエットの空腹から来るイライラ予防にもなります。

バニラアイスの選び方

種類別名がアイスクリームとなっている物を選びます。また脂肪分が12%以上がおすすめです。脂肪分が少ないと、糖分が多く入っている可能性があるので、注意しましょう。

アイスダイエットのやり方

朝か昼の置き換えダイエットが最適です。朝に食べると脳の働きが活発になり、エネルギー消費を促す効果があります。
15時以降は代謝が落ちますのでNGです。
1回の摂取量は80〜120mlがベストです。

ちょい足しでダイエット効果UP

コーヒー・・・脂肪燃焼効果
エキストラバージンオリーブオイル・・・コレステロール値を下げる
きな粉・・・脂肪燃焼
バルサミコ酢・・・代謝アップ・むくみ解消効果

【関連記事】
意外だけど痩せられる!アイスクリームダイエットのやり方

バニラアイスがダイエットに最適な理由

甘いものが食べたい…どうすれば欲求を抑えられるの??

カカオ含有率70%以上のチョコレートはダイエットの味方

コンビニで手に入る!ダイエットに活用できる食品はコレ