ダイエットの方法としてエクササイズや食事制限など様々なものが考案されていますが、最近新たに人気を得ているのが「睡眠」です。
日常生活においてとっても身近な睡眠ですが、適切に睡眠をとっていれば健康的に減量することが出来るのだそうです。

睡眠とダイエットの関係性

人間にとって、健康で活動的な生活をするには睡眠は欠かせませんね。
しかしこの睡眠において、意外なほどカロリーを消費していることはあまり知られていません。

睡眠時にカロリーを消費しているのは「成長ホルモン」のおかげで、その日に身体が負ったダメージを回復させるためにエネルギーとしてカロリーを消費しているのです。
睡眠で効果的なダイエットを達成するためには、この成長ホルモンをより活発にすることが重要です。

ダイエットに向きの睡眠方法

全体の睡眠時間としては7時間以上の睡眠が理想とされ、ホルモンの活動が活発になる夜10時から深夜3時までに就寝することが重要です。
一方注意点としては「食事直後」の睡眠は避けることです。
胃袋の中に食べたものが残ってしったまま寝てしまうと、内臓の動きも鈍ってしまうため効率的にカロリーを消費することが難しくなります。

ぐっすりとした深い睡眠をとるためには、ジョギングやウォーキングなど適度な運動も必要です。

適切な食事と、適度な運動を組み合わせて、効率の良いダイエットを行ってくださいね。

【関連記事】
ダイエットはまず質の良い睡眠から♪熱帯夜でもOKな安眠のススメ

スムーズにおやすみモードへ♪心も体もリラックスできるストレッチ法

早寝早起き生活がダイエットにイイ!こんな効果も

明るい状態で寝ると太る…? 寝ている間の明るさが重要

簡単な運動だって継続こそ力!ダイエットに大切なこと

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう