夏が近づいてくる中、日焼けを気にしてか徐々に日傘を差す方を見かけることが多くなりました。
でもまだ5月半ば。紫外線なんてそんなにないでしょ?と思う方も多いと思いますが、実は春先からでも紫外線量の高さは油断できないのです。

春先でも紫外線量が多くなるワケ

テレビなどで日焼け止めクリームのコマーシャルが行われているのはだいたい海辺。
そんなイメージもあって紫外線と言えば夏、それも真夏のイメージがありますが実際のところは4月から5月にかけての春でも高い紫外線量を記録することがあります。

その理由として考えられるのは、紫外線の一種である「UV−A波」が真夏と同レベルまで強まるからだと言われています。
このUV−A波は比較的波長が長い為、肌の奥深いところにまで浸透するのでシワやシミの原因となってしまう厄介な紫外線なのです。

日焼けへの効果的な対処法

上記のように春先の紫外線は皮膚の深層にダメージを与えるため、春先の紫外線「UVーA波」によって発生する酵素を除去するというケアが必要になります。
ケア方法としては皮膚にシミを作らせない「抗酸化作用」を持つ食品を摂取することが有効。
抗酸化作用の高い食品としては、ニンジンやほうれん草などの緑黄色野菜やみかん・オレンジなどの柑橘類などが挙げられます。

また、皮膚のダメージを和らげる化粧品を利用するのも一つの手。
入浴後の保湿美容液はもちろん、顔がひりひりしていなくてもフェイスパックを使うことで肌の老化を防ぐことができますよ。

本格的な夏に突入するまでにも注意が必要な紫外線。
内面から肌を守れるよう、今からケアを行っておくのも良いのではないでしょうか。

【関連記事】
日焼け止めが苦手な人もOK!オススメ紫外線対策グッズ

紫外線対策アイテム♪この春新発売されたオススメ日焼け止め6選

かわいいアームカバーで紫外線カット!室内での冷房対策にも◎

早めに紫外線ブロック!美白美人になる方法とは

海で日焼けしても大丈夫!美白&保湿パックで集中ケア

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう