紫外線が強くなり、早くも日焼けをしてしまった人もいるのではないでしょうか。少し油断をすると、通勤・通学時間だけでも日焼けをしてしまいますので、注意が必要です。
くすみを取る食材で、スッピンでも自信が持てる肌をつくりましょう。

くすみを取る食材

美白効果のある食材を朝食で食べることで、通勤・通学時間の紫外線対策になります。
また、夕食で食べても、寝ている間にメラニンの生成を抑えてくれますので、効果的です。

トマト

夜にトマトを食べるとダイエット効果があると言いますが、美白だけでなく、たるみやシワにも効果があります。夜食べることで、抗酸化作用の高いリコピンが、寝ている間にコラーゲンの生成を助け、朝までに肌へ栄養が行き届きます。

ビタミンC

くすみを取る食材としては、ビタミンCが有名です。
意外にも、ブロッコリーには、レモンの2倍のビタミンCが含まれています。乾燥を防ぐはたらきもありますので、紫外線対策には最適な食材です。

納豆

やっぱり登場するのが、万能食材である納豆です。
イソフラボンには美白効果がありますので、毎日でも食べたいですね。

その他

サーモン、いくら、エビ、カニに含まれるアスタキサンチンは、メラニンの生成を抑制する効果があります。
アーモンドを食べると、日焼けしにくくなる効果があります。おやつには、アーモンドがおすすめです。

おすすめレシピ

ブロッコリーとエビのガーリック炒め

ガーリックパウダーかにんにくスライスをオリーブオイルで炒めます。
そこへ茹でたブロッコリーとエビを入れて炒めます。
乾燥バジルと塩コショウで整えて完成です。

カルボナーラ風納豆リゾット

醤油、粉チーズ、マヨネーズ、牛乳、塩、卵を混ぜ合わせて、そこへ温かいご飯を入れて、更に混ぜます。
器に盛り、納豆をかけて、万能ネギ、荒引きコショウを散らして完成です。

【関連記事】
納豆卵オクラうどんでランチ♪美肌効果大でお腹もいっぱいに

無塩のアーモンドは太りにくいし満腹感もアリ!

夏こそチャンス!スイカのエキスでむくみ解消♪

旬の味覚でおいしくダイエット!〜簡単ジュースレシピ編

食用ホオズキの「ゴールデンベリー」でダイエット&エイジング!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう