白湯ダイエットがブームになり、ご存じの方も多いことでしょう。
アーユルヴェーダ式の白湯は、朝お湯を沸かして、少し冷ました状態で飲むと、便秘解消やダイエット効果が期待できるというものです。老廃物を排出し、お肌もきれいになると話題になり、有名人も実践していました。
アーユルヴェーダ式と聞くと、特別なものが必要な気がしますが、そんなことは一切なく、簡単でお金もかかりません。明日の朝から、さっそくやってみませんか?

アーユルヴェーダ式の白湯の効果

アーユルヴェーダ式白湯の効果は、冷え性改善、便秘解消、代謝アップ、美肌効果、血行促進、むくみ解消など様々です。
アーユルヴェーダは、古代インド発祥の伝統医学で、身体だけでなく、心の乱れも整えてくれます。自然治癒力を引き出すことで、生命のエネルギーを最大限に活用する方法です。

火を使うことでアーユルヴェーダ式になる

通常の白湯は、レンジでチンしてもOKと言われていましたが、火を使うことで、アーユルヴェーダ式の白湯になります。その理由は、ヴァータ、ピッタ、カパの3つの要素が満たされていることです。アーユルヴェーダでは、この3つの要素がバランス良く調和されて初めて、心身が健康であると考えられています。

煮詰めることで更に効果アップ

沸騰した後も煮詰める理由は、湯気を出すことで有害物質を排除します。
湯の量が半分になるまで煮詰めたものは、便秘の薬と言われていて、4分の1まで煮詰めたものは、万能薬と言われています。

アーユルヴェーダ式の白湯のいれ方

朝起きたらすぐに、飲むのが効果的です。1日700〜800mlくらい飲むのが理想です。もちろん1回でなくて、分けて飲んでもOKです。

やかんにきれいな水を入れて、沸騰させます。
沸騰したらすぐに火を止めずに、ふたを開けた状態で10分くらい、湯気を出しながら弱火で沸かし続けます。
70〜80℃くらいまで冷めたら、少しずつ噛むようにして飲みます。

【関連記事】
誰でも簡単【白湯】がダイエットにイイらしい!

毎日の水分補給に!『レモン水』で簡単ダイエット

飲むだけ簡単!ダイエットティーの種類と効果

旬の味覚でおいしくダイエット!〜簡単ジュースレシピ編

ホットヨーグルトで腸美人に!あたためて代謝アップも♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう