運動やサウナに入った時、たっぷりと汗が流れると痩せる!と思うものですよね。
夏は暑くて汗をかくし、「夏バテ」もあるし、そんなに運動をしなくても痩せるはずと勘違いしていませんか?
でも、実は夏はダイエットしにくく、冬より太ってしまうんです。

冬より太りやすいのは基礎代謝が関係している!

基礎代謝とは、呼吸や体温調節のために使われるエネルギーのことで生命を維持するのに大切な機能です。
実は運動など動く生活活動代謝よりエネルギーを消費する割合が多いものなのです。
1日に消費されるエネルギー総量の約70%が基礎代謝と言われ、基礎代謝をアップすると痩せると言われるのはそのためなのです。

冬場は、寒さからカラダを守ろうと基礎代謝率がアップし、暑さより寒さのほうがカラダに負担が大きく、冬場は寒さから体を守ろうと基礎代謝がアップします。
そういった理由から、夏場は基本的に冬場より基礎代謝が10%ほど低下し痩せにくくなってしまうのです。

夏バテで痩せたカラダはリバウンドの可能性大

夏は痩せる!と言われる理由の一つに「夏バテ」があります。
確かに、暑さから体力を消耗し食欲が低下してしまい、結果的に痩せてきます。
消化機能の低下で食欲が落ちると、筋肉を作り出すタンパク質の摂取も減り筋肉量が少なくなります。
筋肉は基礎代謝には重要なもの、筋肉が減ると基礎代謝も減り結果的に痩せにくい体質になってしまいます。
そのため、食欲が戻る秋には太りやすいカラダのまま食べてしまいリバウンドへつながります。

夏のダイエットのコツ!

汗をかくと、カラダの中のビタミンやミネラルも一緒に流れ出てしまいます。
糖質や脂質などの代謝を促してくれるダイエットに重要なビタミンB1やB2が不足しがちです。
ビタミンやミネラルの補給として、豚肉やナッツ類、牛鶏などのレバー、牛乳を積極的に摂取することをおすすめします。

タンパク質も多めに摂取するといいので、脂肪の少ない鶏肉のササミも食べてください。
また、寒いと代謝がアップするからといって冷房をガンガンきかせることはNGです。
カラダの深部が冷えすぎ、逆に代謝率を低くしてしまう原因になります。
同じように、冷たい飲み物やデザート類もNGとなり、代謝を助けるカテキンが多く含まれる常温か温かい緑茶が水分補給にはおすすめです。

夏にちゃんと筋肉を落とさず、痩せ体質をつくりだすと、美味しい秋の味覚をたっぷり楽しむことができるかもしれませんね♪
でも、美味しいからって食べすぎには注意してくださいね!

【関連記事】
ダイエット中でもOK!夏バテ防止できる旬の食材

食べないダイエットはNG!ホルモンバランスが崩れる原因に…

梅雨にピッタリ!旬の食材を使った美味しいダイエットレシピ

運動前はカフェイン摂取で代謝アップ!

タンパク質は代謝UPの必須アイテム!