ダイエットだけでなく、糖尿病などの生活習慣病にも効果がある食材をご紹介します。

玄米

玄米
玄米と一緒に摂ると効果的なのが、野菜や海草です。生活習慣病やダイエットに効果的です。
しかし玄米と言っても、カロリーは白米とそれほど変わりません。
白米よりも硬い玄米を良く噛む事で、満腹感が得られると同時に、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの栄養を摂る事ができます。

クミン

クミン

カレーのスパイスとしても使用される事の多いクミンには、ダイエット効果がある事がわかりました。
クミンの成分は、悪玉コレステロールを減らしてくれる働きをするので、脂肪が燃焼しやすくなります。
一般的に販売されているクミンには、「クミンシード(種)」と「クミンパウダー(粉)」がありますが、手軽に使えるパウダーをおすすめします。

納豆

納豆
納豆は発酵食品の為、アミノ酸が多く含まれていて、脂肪を溜め込みにくい体になります。
納豆だけでもダイエット効果は大いに期待できますが、キムチと合わせると、腸内環境が改善され、便秘解消効果が!
脂肪燃焼効果も期待できるので、ダイエットにも最適です。

ドライフルーツ

ドライフルーツ
ドライフルーツにはデトックス効果があり、ヨーグルトと一緒に食べると良いでしょう。

海藻

海藻
野菜やフルーツでは補えないカルシウムが豊富です。便秘解消にも役立ちます。

きのこ

きのこ
低カロリー食材の代表格、きのこ!
しかもビタミンBや食物繊維がたっぷりと含まれていますので、便秘解消に◎。
脂肪の蓄積も抑えてくれますよ。

グリーンスムージー

食材ではありませんがグリーンスムージーもオススメです。

グリーンスムージー
酵素ドリンクは発酵させるまでに時間がかかりますが、グリーンスムージーなら手軽に作ってその場で飲める上に、各素材の酵素も摂れるのでGood!
グリーンスムージーは健康管理やダイエットに効果的です。

【作り方】

バナナ1本、小松菜1/3袋、オレンジ1個、水150mlをミキサーにかけるだけ!
基本は、葉物野菜×果物です。
ヨーグルトやはちみつ、砂糖などは使わずに、果物の甘みだけで作るのがポイント。
バナナを入れるとかなり甘みが出ますよ。

【関連記事】
痩せるにはコレ♪ 食品と料理の組み合わせ方

痩せる!? 食べると脂肪を燃焼してくれる食品とは

効果的なダイエット朝ごはんレシピ♪

ダイエット中でも食べて良い油、ダメな油

ダイエットには欠かせない栄養素!ダイエットをサポートする栄養素とは?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう