通勤・通学時間は、本を読んだり、ニュースを見たりして、有意義に過ごしている人も多いと思いますが、これから1日を始める朝の通勤・通学時間には、パフォーマンスを高めるための、エクササイズをしてみてはいかがでしょうか?また、帰りの通勤・通学時間には、一日の疲れを緩和するエクササイズを行ってみましょう。

電車でできるエクササイズ4パターン

体幹エクササイズ

つり革につかまらずに、予想外の電車の揺れに対応するバランス力を鍛えることが、体幹を鍛えることにつながります。体幹を鍛えると、インナーマッスルが鍛えられて、脂肪が燃焼しやすい身体に変化していきます。
転倒したら困るので、つり革につかまっていても、つり革に力を入れず、足でバランスを取るのがおすすめです。

つま先上げ下げエクササイズ

つま先を上げるときは、ふくらはぎが伸びるのを意識して行ってください。
かかとを上げるときは、甲が伸びて、足首のストレッチになるように意識してください。
身体の末端の血行が促進され、足先の冷え性改善や、むくみ解消の効果があります。

座ってヒップアップ

ひざを押し合って、足からお尻にかけて力を入れます。
ヒップアップ効果や足の筋力アップに効果があります。

立って背中の筋力アップ

背筋を伸ばして、お腹をへこませます。
腹筋が鍛えられて、ぽっこりお腹の解消に役立ちます。背筋を伸ばすことで、背中の筋肉が鍛えられて、代謝をアップさせることができます。

通勤・通学のちょっとした時間を有効に活用して、ちょこっとエクササイズを行ってみましょう。

【関連記事】
通勤通学で「ながら」エクササイズ♪

キレイに歩けば代謝アップ!上手な歩き方とは?

片足立ちダイエット法!1分やったら50分のウォーキング効果!?

ダイエットのための体幹トレーニング、やるならこんな方法がオススメ

【むくみ防止】冷水・温水交互がけで、脚のむくみ予防