デスクワークをしているとわかりますが、夕方になると、足のむくみがひどくて、靴がキツイと感じる人も多いことでしょう。朝は少しゆるかったのに、帰りはいつもキツイという人は、間違いなくむくんでいる証拠です。余分な水分を排出して、脂肪が燃焼しやすいほっそり足を目指しましょう。

ほっそり足になれる歩き方

足の外側に脂肪がついてしまう人は、まっすぐの線の上を歩くイメージを常に持つようにしましょう。ちょっと席を立つときも、トイレへ行くときも、通勤するときも、いつもです。そうすると、太もものつけ根の外側部分の筋肉を強化することができ、少しずつ引き締まっていきます。

ヒザとカカトをくっつけて座る

座っているときに、足を開いていたり、組んでいたりすると、骨盤が歪んでしまったり、筋力が低下してしまいます。デスクなどに座っているときには、常にひざとかかとをくっつけるように意識しましょう。
慣れないと太ももがつらくなってきますが、少し足がほっそりしてくると、少し楽にできるようになります。励みにもなりますので、頑張りましょう。

物の拾い方にも注意

低い位置にあるものを取るときに、腰から曲げて取ろうとする人が多いです。
これでは、腰に負担がかかってしまうだけでなく、足の筋力をまったく使うことがありません。ひざを曲げて、太ももの筋力を使って取るようにしましょう。スクワットと同等の効果を得られます。
見た目も女性らしくなり、ほっそり足にもなれます。どんなときにも、全身の筋力を使うことを心がけましょう。

【関連記事】
オフィスで出来る!むくみ解消のためのプチエクササイズとオフィス習慣

足つぼマッサージで美脚&リラックス効果GET!

【むくみ防止】冷水・温水交互がけで、脚のむくみ予防

足のむくみをスピード解消!お風呂で足上げ&水かきで美脚へ♪

太もも間のスキマが欲しい人のための美脚術