薄着になる機会が多くなるこの季節、スタイル維持やダイエットに努めるという方も多いのではないでしょうか。
そんな中、いま問題となっているのが「食べないダイエット」。
この「食べないダイエット」はホルモンバランスに悪影響を及ぼす危険なダイエット法なのです。

食べないダイエットが身体に与える悪影響とは

絶食や必要以上に食事を控えるなどの「食べないダイエット」が危険だという事は以前より知られています。
危険性としては食事を摂らないことで栄養が脳に回らず、ろれつが回らなかったり思考能力が低下してしまうといった影響が挙げられます。
他にも若年層がこの減量方法を実践してしまうと、成長に必要なホルモンが分泌されず「未成熟」に育ってしまうという可能性さえあります。
また妊娠されている方の絶食なども同様であり、胎児に必要最低限の栄養が行き渡らないということもあり得ます。

健康的に痩せられるダイエット方法とは

食事制限をすることなく、健康的に減量できるとして話題になっているのが「スリムエクササイズ」。
スリムエクササイズとは「ピラティス」や「ストレッチ」などのハード過ぎない運動のことを言いますが、今回ご紹介するのは中でも人気のある「ヨガ」です。

山のポーズで身体の歪みも矯正

山のポーズ

最初にご紹介するのはヨガの中でも基礎となる「山のポーズ」。
まず足の裏に普段より体重をかけて直立したら、内がわの太ももに力を入れ引き締めます。
そして肩をリラックスさせ、首が真っ直ぐになるように頭をセットした状態を1分間キープ。

効果としてはお尻や太ももなどの下半身痩せに効果があり、全身のバランスを保とうとするため姿勢を矯正する効果も合わせて期待できます。

イスのポーズでぽっこりお腹も解消

イスのポーズ

つづいてご紹介するのはイスのポーズ。
イスのポーズと言えば部活動などでお馴染みのトレーニング「空気椅子」をイメージされる方も多いかもしれませんが、こちらは少し異なります。

効果のあるイスのポーズを行うには膝とかかとを締めて身体を安定させ、お腹や下半身の筋肉を使いながらバランスをとり、ゆったりとした深呼吸を行います。
まずはこのポーズを30秒ほど続け、慣れてきたら徐々に伸ばしていきましょう。
ポイントとして壁に背をつけイスのポーズを行うことで、身体全体のバランスが保ちやすくなります。

効果としてはお腹周りと下半身のダイエット、負荷をかけて深呼吸を行うので横隔膜トレーニングにもなります。

今回ご紹介したヨガのスリムエクササイズ。
食べないダイエットよりも、ヨガのような健康ダイエットを試してみてはいかがでしょうか。

【関連記事】
「スリムエクササイズ」でムダなく日常から脂肪燃焼!

死亡率があがってる!?運動不足を解消できる簡単エクササイズ

エクササイズの効率アップには入浴が1番!体をほぐしてからLet’sエクササイズ!

簡単ウエスト痩せ!湯船でお尻フリフリ♪エクササイズ

就寝前エクササイズで効果UPするらしい!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう