漢方治療を一度でも受けたことがある方は知っているかもしれませんが、特に漢方に精通している医師ならば、必ずと言っていいほど「舌を出して下さい」と言われます。
これで健康状態がわかってしまうらしいのです。

「舌診」という診断法です

その漢字の通り「舌診」とは舌を診るということ。
そこから医師は患者の色や大きさ、厚さ、舌苔(舌の苔のことで白くなっているもの)の色を見ます。
最も健康と言われている舌は、ほどよく赤く(淡い赤)ぽってりとしていて舌苔が少ないもののようです。

舌の色が意味しているものは?

基本的に一部分が真っ赤、あるいは全体が真っ赤な舌をしているときは、胃腸が弱っている証拠のようです。
筆者も漢方クリニックでよく言われるのがこの症状です。
逆に青紫のような色をしている場合はいわゆる「お血」という状態で、血液の流れがあまりよくない、血液がドロドロしているという現れだと言います。

形でわかる身体の不調

舌の形は本当に様々です。もし歯の形(歯痕)がついていたら、むくんでいる証拠ですので、暴飲暴食などを控えた方がよさそうです。
もし舌が大きく肥大しているような場合は水分代謝がうまくいっていない時のようで、風邪をひきやすい状態になっているかもしれません。

舌苔はもしかしたら一番わかりやすい?

舌苔は、舌の表面にある白色や黄色っぽい、時には黒色をした苔のようなものです。これは口臭の元にもなります。
体調が悪い時などに出やすく、身体が冷えているときや、水分の摂り過ぎで体内に過剰な水分がある場合には舌が白っぽくなるようです。
黄色っぽい舌苔の時は、消化器官に異常がある時に見られるようです。

舌のお手入れの仕方

歯磨きをした時に、舌を磨く方も多いかと思います。
ところが歯ブラシで強く擦り過ぎると、舌を傷つけてしまう恐れがあります。
また、クリーナーの使用は歯ブラシよりはまだ刺激が弱いですが、せいぜい1日に2回までに留めておいた方がよさそうです。
たしかに舌苔は口臭の原因にもなるものですが、あまり神経質にならないことも大事なようです。

舌を見ただけで自分の体調がわかるなんてとても面白いと思いませんか?
是非朝歯を磨く際には一度見てみましょう。

【関連記事】
夏だからって冷やし過ぎはNG!夏冷え解消のストレッチ法

入浴は”食後1時間”あけないと消化に悪い!

入浴前の水分補給でデトックス効果アップ!血液もサラサラ♪

ビタミンAで内側からキレイに♪健康面でも大活躍!

ローフードには酵素たっぷり!食事から健康美人へ