昔の人は打ち水をしたり、ゆかたに着替えたりして、夕涼みをしながら暑さをしのいでいました。
しかし現代は、昔の暑さと違います。
地球温暖化のせいか、湿気も多く、気温もかなり上がります。
熱中症は今や、死の危険がある病気です。
とはいえ、電気代がどんどん高くなっているので、できるだけ節約したいものです。
身体を冷やし過ぎるのも、体調をくずす原因ですので、色々な意味でも、クーラーを使わずに済む暑さ対策をする必要があります。

クーラーを使わずに済む暑さ対策

扇風機

数年前から、扇風機の売れゆきが上がっています。
誰もが節電と体調管理を考えているのでしょう。
扇風機の前に凍らせたペットボトルを置いておくと、風にのって冷気がただよってきます。これは意外に効果ありです。
直風に当たりすぎると良くないので、スウィングモードがおすすめです。
ぜひ、お試しください。

風鈴の音

古典的な方法ですが、音で涼しさを感じるというのは、研究で証明されています。
見た目がきれいなガラス細工よりも、昔ながらの鉄の風鈴の音がおすすめです。
昭和の夏という感じがします。
近所迷惑にならないようにお気をつけください。

こおり枕

寝苦しい夜には、こおり枕がおすすめです。
熱が出たときに冷やす枕のことです。
これがあるだけで、快適にぐっすりと眠れます。

肩を出す

ノースリーブを着ることです。肩の部分に袖があるかないかで、かなり体感温度が変わります。
寝ている時は、意外と体温が下がりますのでおすすめできませんが、日中はかなり効果があります。

【関連記事】
ミストで暑さ対策&保湿効果♪このミストがオススメ

暑い夏でも冷やし過ぎはNG!夏のあたため美人になる方法

オシャレなUVカット帽子で女性らしさUP

夏だからって冷やし過ぎはNG!夏冷え解消のストレッチ法

お酢で疲労回復♪暑い夏でも疲れ知らずな美肌へ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう