食べ物を食べると、カロリーを摂取することになりますので、食べた分だけ太ると考えるのが普通です。
しかしなんと、食べるほど痩せる食材があるというのです。
食べるだけで痩せられる、夢のような「マイナスカロリーダイエット」の方法を見ていきましょう。

マイナスカロリーダイエットとは

食べるほど痩せるとは、いったいどういうことでしょうか。
これは、その食材を食べた分の摂取カロリーよりも、その食材を消費するための消費カロリーの方が大きいものを言います。
このような特徴のある食材を食べるダイエット方法が、マイナスカロリーダイエットです。
消費カロリーとは、食べ物を噛んで、体内に送り込みます。
そして胃や腸で消化し、老廃物となって、便を排出します。
この一連の機能に必要なカロリー、つまりエネルギーが消費カロリーと呼ばれるものです。
消費カロリーの方が上回れば、食材が消費された後のエネルギーは、脂肪を燃焼させるために使うことができます。
この原理を利用して痩せるというわけです。

食べれば食べるほど痩せる効果のある食材

主に、野菜、くだもの、海藻に多いです。ビタミン、ミネラルを多く含んでいて、食物繊維が多いのも特徴です。
セロリのカロリーは、1本5kcalなのに対して、消費カロリーは、50kcalです。
その他にも、リンゴ、ワカメ、昆布、唐辛子、ウーロン茶などが効果的です。
どれも痩せる食材として有名です。

野菜では、アスパラガス、キャベツ、ニンジン、ブロッコリー、ほうれん草、ニンニク、玉ねぎ、大根などです。

果物では、ブルーベリー、グレープフルーツ、クランベリー、レモン、オレンジ、パパイヤ、スイカ、トマトなどです。

【関連記事】
摩訶不思議!食べれば食べるほど痩せるマイナスカロリーダイエット

もはや王道「糖質制限ダイエット」食べてイイもの・ダメなもの

スーパーフードって何!? ダイエットに取り入れたいスーパーフードあれこれ

たけのこでストレス解消&ダイエット!旬のたけのこおすすめレシピ

ローフードダイエットは美容にもダイエットにも効果的

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう