疲れたときや頭を使うときなどは、身体が甘いものを欲します。
そうでなくても、女性は甘いものが大好きですので、調子にのって食べていると、うっかり太ってしまうことも。
甘いものが食べたいという欲求を抑えるには、どうしたら良いのでしょうか。
単なる我慢だけでは、ストレスがたまってしまいますので、上手にコントロールをしていきましょう。

甘いものが食べたい時にその欲求を抑えるための食材

甜茶

脳は“甘い”という味覚を感じられれば、少し落ち着きます。
そのために効果的なのは、甜茶です。
花粉症の改善に効果のある甜茶ですが、実は、ダイエット時の空腹感を紛らわせてくれる効果があるのです。
というのも、甘いからです。
たとえ甘いものが食べられなくても、甘いと感じることで、脳が満足するのです。

チーズ

甘いものが食べたいと感じるのは、お腹が空いて、血糖値が下がっている場合が多いのです。
そんなときに空腹感を満たして、間食を控えるために最適な食材があります。
それはチーズです。
チーズは、カロリーが高くダイエットには向いていないイメージのとても強い食材ですが、実は、痩せる食材なのです。
チーズには、カルシウムが豊富に含まれていて、その他にも、ビタミン、ミネラル、タンパク質など、身体をつくる栄養が凝縮されています。
空腹を感じた時や、甘いものが食べたくなった時には、チーズを一片食べると、ダイエットがつらく感じなくなり、しかも脂肪燃焼効果で、体重が減少したという報告もあります。

いきなり全く食べないもつらいですし、我慢の反動で、食べたい衝動を抑えられなくなると困るので、ほんの少しだけ猶予を与えてあげた方が良いでしょう。
週1回とか、プリン1個だけとか。
あとは、上記のような食材で、空腹感をうまく調整しましょう。

 

【関連記事】
食事の直前に湯船に浸かって食欲セーブ♪

無駄食い防止!食欲を抑える方法

ダイエッターが注目している「60分キャンディ」…その正体はいったい?

ダイエット中だけど甘いものを食べたい人に!おすすめのおやつ10選

バニラアイスがダイエットに最適な理由