糖質制限ダイエットとは、いわゆる炭水化物であるご飯、パン、麺類などを極力減らすもしくは、食べないというダイエット方法です。
なぜ糖質を摂取しない方が良いかというと、タンパク質は身体をつくるための必要な栄養素で、筋力アップや、代謝の促進など色々なはたらきをしてくれます。
しかし糖質の場合は、多く摂取してしまうと、エネルギーとして消費しきれなくなり、脂肪に変化して体内に蓄積されてしまうのです。
それを防ぎ、効率的に脂肪を燃焼させるためのダイエット方法なのです。

糖質制限ダイエットのポイント

糖質を制限しても、摂取カロリーを減らさないというのが、ポイントです。
ご飯を食べない代わりに、他の食材を食べる必要があります。
また、糖質の制限に段階があり、どのレベルの糖質制限ダイエットをするのかということも決めておきましょう。

3食とも糖質を食べない(実際は1食あたり20g以下です。これはご飯を一切食べません。)
1食だけご飯を食べる(これが通常の糖質制限の方法です。夕食は避けましょう。)
1食だけご飯を食べない(ゆるやかに始めたい人に最適です。)

ご飯を食べないだけで、お肉などを好きなだけ食べて良い、というダイエットではありません。
摂取カロリーは減らさない様に、ご飯(炭水化物)の代わりに他の食材で栄養を摂り、糖質の摂取を増やさない様にすることで、消費しやすい状態になり、どんどん痩せていくのです。

食べて良いもの

赤身肉(ステーキを食べるなら赤身肉)
青魚(イワシやサンマ、アジなど)
葉物野菜(キャベツが最適。ほうれん草や小松菜もおすすめ。)
とり肉(むね肉、ささみ)
アボカド、卵、オリーブオイルなどで、良質の油や良質のタンパク質を摂取する。

食べてはいけないもの(極力減らしたほうがよいもの)

白米、パン、麺類(炭水化物でおもに主食としてとるもの)
お菓子(糖質のかたまりで、油の質も良くない)

 

【関連記事】
ダイエットの時はササミメインの食事を♪レシピ大公開

摩訶不思議!食べれば食べるほど痩せるマイナスカロリーダイエット

燃焼促進!美味しくて簡単なダイエット生姜レシピ5選

ローフードダイエットは美容にもダイエットにも効果的

豚肉はダイエットに効果的? ダイエットに適した食べ方とは