夏休みに向けてダイエットを始めたのはいいけれど、毎日暑くて、クラクラしそう。
毎日の生活に支障があると、ダイエットを断念しなければいけなくなってしまいます。
目標の体型になって着る予定だった水着が、着れなくなった!なんて、悲しいことにならない様に、夏バテ防止もできるダイエット食材を探してみましょう。

ダイエット中でも食べてOKな夏バテ防止できる旬の食材

夏バテ防止には、ビタミンB1とビタミンB2が有効です。
豚肉、レバーや枝豆、納豆や豆腐に含まれています。

レバーは普通の肉よりもカロリーが少ないですし、豆腐や納豆は、ダイエット食材の代表といえます。
お酒を飲むときのおつまみで、最もカロリーが少ないのは、枝豆です。
豚肉は、夏バテしていなくても必要な栄養素ですので、豚しゃぶなどにして、脂を落として食べるのがおすすめです。

また、クエン酸も効果的なので、梅干しやグレープフルーツを積極的に食べましょう。

梅干しは、疲労回復効果と消化を高めてくれる効果がありますので、食欲がなく、胃腸の調子が悪いときには最適です。
またグレープフルーツには、クエン酸だけでなく、ビタミンCやカリウム、食物繊維なども含まれていますので、ダイエットにも向いています。
リモネンという成分は、においを嗅いだだけでも、ダイエット効果があると言われていますので、食べるとさらに良いでしょう。
血糖値を下げる効果もありますので、食事と一緒に食べることをおすすめします。
さらにグレープフルーツには、脂肪分解作用のある、ナリンギンという成分も含まれています。

 

【関連記事】
たくさん噛んで日常からダイエット!ポイントご紹介♪

バニラアイスがダイエットに最適な理由

栄養不足でお肌や髪が泣く前に…<br>ダイエット時には青汁で美容対策!

ローフードダイエットは美容にもダイエットにも効果的

生大根ダイエットで痩せる&アンチエイジングにも!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう