思春期ニキビは10代に多くみられるニキビで、皮脂が多量に排出されることが原因で出来ます。
20代からは、皮脂の分泌も減少するので、思春期ニキビは減少傾向にあります。
しかしここ近年、大人にニキビができるケースが増え、治りも遅く悩んでいる女性が多くなっています。

大人ニキビが出来始める年齢は?原因はなに?

皮膚の状態で個人差はありますが、大人ニキビが多く発生する年齢は、20代半ばから30代前半にかけてです。
40代以降からは、ニキビがほぼできない状態へと変わっていきます。
10代のニキビは皮脂の排出が活発なTゾーンによくできますが、大人ニキビはUゾーン、すなわち口の周りや顎などにできるのが主流です。

考えられる原因は?

現代はストレス社会と言われ、多くの女性がたくさんのストレスを受け日々を過ごしています。
不安やイライラを感じたり、生活習慣の乱れがストレスにつながっていきます。
女性はストレスを受けると女性ホルモンが減少する傾向にあり、男性ホルモンが優勢になってきます。
そのため皮脂の分泌が過剰になり、そのことが大人ニキビの原因のひとつになってしまいます。

過度な皮膚のケアで、乾燥肌とターンオーバーの乱れ

ニキビを治すのは、清潔でいることが大切です。
そのため洗顔が重要になっていくのですが、気になるからといって、何度も洗顔を繰り返すことで皮膚に必要な潤いも流し、肌のバリア機能が破壊され乾燥肌になり、さらに皮脂の分泌が活発になってしまう悪循環になることもあります。
洗顔は優しく適度な回数で、洗顔後の保湿を十分行うことが大切です。
肌のバリア機能を崩れたままにしていると、肌が生まれ変わるサイクル(ターンオーバー)が乱れ、肌の角質が厚くなり毛穴が詰まり肌荒れやシミやシワとニキビの原因となります。

顔にニキビが出来た時に、早く治したいと焦りも禁物です。
今ストレスを感じているサインとして受け止め、今はリラックスして過ごすことを体が要求しているのだと感じ自分自身を癒してあげると、意外に早くニキビも治っていくかもしれませんね♪

 

【関連記事】
いつになっても治らない大人ニキビ…悪化する前に皮膚科へ!

ニキビ跡がなかなか消えない…そんな時は食生活や生活習慣をチェンジ!

皮脂が多いと大人ニキビができやすい…対処法はコレ!

「乾燥」と「油分」のバランスを心得てバランスよくニキビケア

ニキビができたら基礎化粧品をチェンジ!肌別選び方のコツ♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう