頬や鼻のポツポツと見える毛穴…開きも気になりますが、黒く詰まった汚れもどうにかしたい!と、思いますよね。
これらの改善のひとつに、正しい洗顔を行うという方法があります。
正しい洗顔は洗顔料の泡立てが重要です。
泡立てをキッチリすることで、きめ細やかな肌に変わっていき、毛穴の改善にもつながっていくのです。

正しい洗顔方法とは?洗顔ネットを使用していても最後は手が大切!

よくCMで見かけるモコモコっとした手のひらいっぱいの泡。
あんな風に泡立てることはできない…と、諦めていませんか?
実はそんなに難しいことはなく、手を使って簡単に泡立てることができるんです。

手を洗う

まずは手からキレイに洗いましょう。
手には雑菌や皮脂分があり、洗顔料や石鹸の泡立ちを損なう原因になってしまいます。
清潔な手で泡立てることは…重要です!

手を湿らせ、手のひらいっぱいに洗顔料を広げる

手を洗い湿った状態で、洗顔フォームなら3cm以上を手のひらにとります。
まずは泡立てるというより手のひら全体に洗顔料を広げましょう。
固形石鹸の場合にも手のひらにまんべんなく石鹸をつけていきます。

モコモコ泡よりもっちり泡を目指す

洗顔料を伸ばした手のひらにくぼみを作り、逆の手で空気を含むように泡立てていきます。
途中途中で数回、少量の水を足していき、だんだんと泡立ち手のひらから溢れ出した泡を集め、さらにきめ細かく泡立てていきます。

洗顔ネットを使用するとわかるのですが、モコモコっと泡立つものの、泡の一つ一つは大きい粒になっています。
よく泡はつぶさないようにと言われていますが、ある程度の泡ができたら、大きな泡は軽くつぶしながらの方がもっちりとした泡を作れます。
最初は洗顔ネットを使用しても大丈夫ですが、最後は手のひらで泡立てるようにしてください。
手のひらを下にしても、泡が落なくなるのが、もっちり泡の完成の目安です。

最初は面倒くさいと思っていても、もっちり泡で優しく洗っていくと極上のエステを受けている気分になりやみつきになっていきます。
洗顔後は保湿を必ずおこなってくださいね。
毛穴の引き締めには収れん化粧水の使用もおすすめです。
毎日、泡たっぷりの洗顔で毛穴の開きにさようならしてくださいね♪

 

【関連記事】
メイク直しは実は肌にはNG!正しいファンデーションの直し方

増加している“薬の入った化粧品=薬用化粧品”本当に肌にいいの?

化粧水をもっと浸透させたい!手を駆使した浸透法♪

乾燥が気になったらコレ!メイクの上から使えるオススメ保湿スプレー

美白化粧品に潜む落とし穴…!種類と使い方をマスターしてシミともサヨナラ♪