朝の洗顔は、眠気を覚ましたり気分をリフレッシュできる大切な時間ですね。
しかしこの朝の洗顔、方法次第で1日の肌のコンディションが変わってしまうとても大切な時間なのです。
例えば乾燥に悩みがある方は、ぬるま湯洗顔を試してみると改善出来るかもしれません。
ぬるま湯洗顔や洗顔フォームの正しい選び方を知って、乾燥知らずのふっくら肌を目指してみましょう。

朝はぬるま湯だけ派?洗顔料派?肌質やコンディションで選びます

朝の洗顔に、洗顔フォームなどを使用しない女性は統計などによると、約半数近くになるそうです。
使用派の方から見れば、きちんと汚れが落ちていないのでは?と思ってしまうものかもしれません。
朝の顔には、眠っている間に分泌された老廃物や寝具についた汚れが付着しています。
その汚れを洗顔で落とすのですが、夜の洗顔でしっかりと化粧などの油汚れを落としていれば、朝はぬるま湯だけでも十分汚れが落ちてくれます。
そして必要なうるおい分を流してしまわないので、乾燥が気になる方におすすめです。

オイリー肌と感じている方は、実は、肌が乾燥から皮膚を保護しようと皮脂を多く出してくれている可能性があります。
そうかな?と思った時は、朝の洗顔料を夜の洗顔へと変えていきましょう。
代わりに朝用のは保湿力があり、洗浄力の弱い洗顔料を選ぶと乾燥からくるオイリー肌の改善につながっていきます。

また、混合肌の方は気になる部分には洗顔料を使うようにして、他はぬるま湯だけで洗うという部分毎に適した方法をおすすめします。
ご自分の肌の状態に合わせた朝の洗顔法を選んでみてください。

朝の洗顔後の保湿は?肌への水分補給とクリームでキチンと蓋をしてください

忙しい朝に手間のかかるスキンケアは難しいですよね。
でも、ココを疎かにすると乾燥や過剰な皮脂の分泌が促進されて化粧崩れを起こす原因となってしまいます。

洗顔後はタオルで優しく押さえるように拭いてください。
そしてなるべく早く化粧水を手のひらで優しく押し込むようにつけていきます。
肌へ水分を補給したら、今度は蒸発しないようにクリームで必ず蓋をしてください。
乾燥が気になる方は、皮膚のバリア機能がダメージを受けている状態であることが多く、低刺激のクリームを使用することが有効です。

ベタつきが気になる方は、油分が少なめのものを選び、少しづつ様子を見ながら優しく塗るようにしてください。
少量であれば白色ワセリンなども肌への刺激が少ないのでおすすめです。

スキンケアの成功の秘訣は、夜にしっかりと汚れを落とし時間をかけてスキンケアをすること、朝は、必要な潤いを落とさずシンプルな洗顔とスキンケアで、肌が生まれ変わる4週間の間に乾燥知らずのふっくら肌を目指してください。

 

【関連記事】
10~20代向け洗顔料はコレ!泡立てやすく毛穴キレイに

洗顔フォームが肌をかさかさにしてるってどういうこと?

正しいスキンケアとは?化粧水や乳液・サプリメントの正しい使用方法

肌トラブルを回復させる近道とは?勇気を出してスキンケア減らしてみましょう!

フェイスマスクで小顔効果アップ♪疲れた肌もリカバリー!