様々なダイエットの情報が世の中にはあふれています。
それらには、根拠がないにもかかわらず、ダイエット効果があると言われてきた常識が含まれているかもしれません。
そんな間違った常識にとらわれて、ダイエットに失敗することがないように、しっかりと確認することが大切ですね。
世間で信じられてきたことが、本当なのかどうかを調べてみました。

間違っていたダイエットの常識

単品ダイエット&肉抜き・炭水化物抜き

りんごダイエットが一時期すごく流行しました。
また、肉は太るから野菜サラダだけを食べるとか、炭水化物抜きダイエットなど「何かだけ食べる」とか「何かを食べない」などのダイエット方法は、必ずリバウンドします。

大切なのは、食べる量とバランスです。
肉や揚げ物、白米などを食べ過ぎると太りますが、全く食べないと、太りやすい体質になります。
一見矛盾しているように思えますが、肉、魚、野菜、ご飯を腹八分目で食べ、栄養バランス良くすることが大切なのです。
足りない栄養素があると、体の機能が正常に働かなくなり、エネルギー代謝や精神に悪影響を及ぼします。

汗を出せば痩せられる

汗をたくさんかきながら運動をするのは、筋肉量と代謝がアップするので、痩せやすい体質になります。
しかし、ただ単に汗を出せば痩せられるという認識は、間違っています。
なぜなら、サウナなどで汗を出して体重が減ったからといって、脂肪が減ったわけではないからです。
減ったのは、紛れもなく水分のみです。水を飲んだら、元に戻ります。

1日1食

食事回数を減らせば、必然的に摂取カロリーが減るので痩せやすいでしょう。
しかしたった1食で、栄養バランスの良い食事はできませんし、ドカ食いをすると胃が大きくなります。
しかもその1食が夕食の場合には、脂肪が蓄積しやすくなります。

いかがでしたか?
意外と間違った認識をしていたこともあったのではないでしょうか。
これを機に正しい知識をつけ、正しく安全にダイエットしましょう♪

【関連記事】
頑張っても痩せない…そんな人は生理周期に合わせてダイエットしましょう♪

本当に効果があるの!?おにぎりがダイエットにいいという新常識

摩訶不思議!食べれば食べるほど痩せるマイナスカロリーダイエット

たくさん噛んで日常からダイエット!ポイントご紹介♪

酵素ダイエットで代謝が驚くほど上がる!その理由とは?