ニキビは何とか治ったけど、ニキビ跡がなかなか消えないという悩みを抱えている人も多いと思います。
ニキビ跡にも種類があり、赤く残ってしまうニキビ跡、デコボコが残ってしまうニキビ跡、黒くなってしまうニキビ跡があります。
それらのニキビ跡を食生活や生活習慣を見直すことで、改善してしまいましょう。

特に、黒く残ってしまうニキビ跡の場合には、色素が沈着して、シミになっています。
これを効果的に改善するには、ピーリングをして、古い角質を取り除いた後に、イオン導入などをして、美容液や化粧水を肌の角質層まで、浸透させることが必要です。

食生活習慣の改善

油を全く摂らないことも、乾燥を招いてしまうので良くありませんが、控えた方が良い食べ物があります。
油を多く使っているポテトチップスやチョコレートなどです。
特に、ニキビができている状態の時には、香辛料などの刺激物も避けた方が良いでしょう。

バランスの良い食事

基本となるのは、バランスの良い食事です。
特に、ビタミンB群は、ターンオーバーを促し、肌の皮脂バランスを整えてくれますので、積極的に摂取するようにしましょう。
また、ビタミンBには、疲労回復効果もありますので、生活習慣を見直す上でも、摂取した方が良いと言えるでしょう。
具体的には、ナッツ類や魚、野菜などです。

質の良い睡眠を

心がけたい生活習慣ですが、ニキビの改善や予防に深く関わっているのは、睡眠です。
肌のターンオーバーをするのも、睡眠中ですので、質の良い安眠をする必要があります。

一日でたまった疲れやストレスは、リラックスタイムを持つことで改善し、穏やかな精神状態で、睡眠に入ることが大切です。

【関連記事】
「乾燥」と「油分」のバランスを心得てバランスよくニキビケア

ピーリングで大人ニキビ対策♪商品選びのコツと注意点

その背中ニキビ、もしかしたらシャンプーのせいかもしれませんよ

デートなのにニキビが!そうならないための美肌術♪

またニキビができちゃった…そもそもどうしてニキビが出来るの??

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう