ニキビを早く治そうとして、ニキビの芯を取ってしまう人がいますが、この方法は果たして正しいと言えるのでしょうか。
そもそもニキビの芯とは、どんなものなのでしょうか?
そして、ニキビの芯を取ることによる被害とはどんなものなのでしょうか?

ニキビの芯の実態を解明

白ニキビや黒ニキビと呼ばれる、アクネ菌が繁殖する前の状態のニキビの場合には、ニキビの芯を取った方が早く治りやすいという性質を持っています。
しかし赤ニキビなどの場合には、触ることによって雑菌が入り、余計に炎症を悪化させてしまうということも。

主に白ニキビで、皮脂がとび出ている状態ならば、皮膚科などで取り出すことは可能です。
ただし爪や指などで取り出そうとすると必ず雑菌が入りますので、皮膚科で取らないのであれば、取らない方が良いという結論です。
毛抜きなどで無理やり取るのもやめて下さい。

そもそもニキビの芯とは、毛穴に詰まった皮脂のことです。
この皮脂を取り除くことでニキビは治りますが、正しく取り除かないと、クレーターと呼ばれるニキビ跡が残ってしまいます。

この最悪な状態を引き起こす原因は、ニキビの周辺を触って雑菌が入ったことと、ニキビの芯を取った後に雑菌の侵入を防ぐ消毒などをしなかったため、炎症が悪化してしまったことです。

きれいな肌を取り戻すためにニキビを早く治そうとしたのに、一生消えないニキビ跡を作ってしまっては本末転倒です。
ニキビができてしまったら、まずは患部を清潔に保ち、疲れやストレスをためないようにして過ごしましょう。
また、自己流で治そうとせず、なるべく早めに皮膚科などへの通院をおすすめします。

【関連記事】
ニキビができたら基礎化粧品をチェンジ!肌別選び方のコツ♪

またニキビができちゃった…そもそもどうしてニキビが出来るの??

ピーリングで大人ニキビ対策♪商品選びのコツと注意点

生理前になるといつもニキビ…どうして出来ちゃうの?

敏感肌だけどニキビケアしないと…どの化粧品がベスト?