大人ニキビには種類があります。
できたばかりの初期ニキビ、皮脂が毛穴に詰まった状態の黒ニキビ、化膿して腫れあがった状態の紫ニキビなどがあります。
初期の段階で、何らかのケアをしておかないと、ニキビ跡が残ることは免れません。
そうならない為にも、種類別の大人ニキビの治し方を知っておきましょう。

種類別大人ニキビの治し方

初期ニキビ

本当に初期ニキビは、肌を触った時にザラザラしたり、ほんの小さなブツブツができている状態のことです。
この段階でできることは、比較的予防に近いです。

朝晩の洗顔は、ゴシゴシこすらずに優しく洗うのですが、しっかりと毛穴の汚れを取り除く必要があります。
そして、とにかく乾燥を防ぐことが重要です。保湿をしっかりと行いましょう。

黒ニキビ

皮脂が毛穴に詰まった状態の白ニキビと、その皮脂が酸化して固くなってしまった黒ニキビは、比較的初期のニキビと言って良いでしょう。
皮膚科に行けば、面法圧出という治療で、ニキビの芯を取り除いてくれます。セルフケアをする場合には、ホルモンバランスを整える生活を心がけることが大切です。
例えば、バランスの良い食生活や質の良い睡眠をとること。ストレスフルな生活や過度なダイエットは控えましょう。

紫ニキビ

炎症を起こしている赤ニキビや膿みがたまっている黄ニキビ、それに血も混じって、最悪な状態になっているのが、紫ニキビです。
この段階になったら、迷わず皮膚科を受診しましょう。

患部の炎症などを治す為に、抗生物質を処方される場合もありますし、頻繁に繰り返し大人ニキビができるようならば、ホルモン剤を処方される場合もあります。
いずれにしても、外からの働きかけよりも、体質改善を行い、ホルモンバランスを整えることが、大人ニキビの最善の治し方です。

【関連記事】
敏感肌だけどニキビケアしないと…どの化粧品がベスト?

今や常識の「落ちない」「崩れない」ファンデはニキビをできやすくする!?

ピーリングで大人ニキビ対策♪商品選びのコツと注意点

ノブのACアクティブがイイ!ニキビ対策しながらトータルケア♪

デートなのにニキビが!そうならないための美肌術♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう