くり返し同じ場所にできることが多く、いつになっても治らない大人ニキビ…。
雑菌などが入って化膿すると、ニキビ跡が残り、シミになってしまうなんてことも。
そんな時は悪化してしまう前に、皮膚科に行って治療することをおすすめします。
では、どのように皮膚科を選んだら良いのか、また、処方される薬にはどんなものがあるのかを見ていきましょう。

大人ニキビに最適な皮膚科の選び方

大人ニキビは治りにくく、悩んでいる女性も多いことでしょう。
知らない方も多いと思いますが、皮膚科もしくは、美容皮膚科でニキビや肌荒れを治療することができます。
皮膚科選びのポイントとして、まずは相談しやすそうな先生を探すことです。
皮膚科で大人ニキビを治そうと思ったら、しばらくの間は通院しなければいけませんので、相性の良い先生を選ぶのがベストですね。

皮膚科で処方される薬の種類

皮膚科で処方される薬は、比較的軽度であれば塗り薬やビタミン剤をもらうことが多いでしょう。
それで様子を見て効果が出ないようであれば、女性ホルモンのバランスを整えるための飲み薬や抗生物質などが処方されることもあります。

ここまでは通常の健康保険が適用されますので安心です。
保険適用外の治療であれば、ケミカルピーリングやイオン導入などの美容的要素のある治療になり、超音波治療をする場合もあります。
エステサロンと違い、医療の要素を活かした安全で安心な施術となっているため、治療の途中で肌トラブルが起きた時にもすぐに対応できるのが利点です。

また、大人ニキビは体質やホルモンバランスが深く関係していますので、身体全体を改善するという意味で漢方薬が処方される場合もあります。
大人ニキビに効果的な漢方薬で、代表的なものでは「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」があげられます。
この漢方薬は生理不順や不妊にも効果があると言われています。
医師から処方された漢方薬の場合は保険が適用されるので、安心して通院できるのもうれしいですね。

【関連記事】
敏感肌だけどニキビケアしないと…どの化粧品がベスト?

生理前になるといつもニキビ…どうして出来ちゃうの?

今や常識の「落ちない」「崩れない」ファンデはニキビをできやすくする!?

「乾燥」と「油分」のバランスを心得てバランスよくニキビケア

ピーリングで大人ニキビ対策♪商品選びのコツと注意点

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう