ダイエットに効果ありとして、女性に流行中のヨガですが、そのエクササイズの種類の豊富さに疎遠だと思ったり諦めがちになっている方も多いと思います。
そこで今回は、横になったままでもできる手軽な「寝ヨガ」の効果と効率的な方法、呼吸のコツなどをご紹介します。

サボっているようでも痩せられる「寝ヨガ」とは

寝ヨガ

板のポーズや山のポーズなど、数えきれないほどの種類があるヨガ。
今回ご紹介するエクササイズも元々はその内の1つ。

このヨガの持つダイエット効果に腹式の呼吸法を組み合わせ、寝たままでも痩せやすい体質にチェンジできると注目を集めています。

寝ヨガの効果をより効率的にする方法

このヨガのポージングは、基本的に寝ながら行えるだけあって至って簡単。
まずは仰向けになり、手と足を広げていわゆる「大の字」のポーズをとります。
次に深呼吸をしながら身体全体をリラックスさせていくのですが、この時の呼吸法がポイント。
呼吸は口呼吸ではなく、鼻から吸って口から吐く「腹式呼吸」をゆったりと意識しながら行うのですが、この腹式呼吸を10回程度繰り返し続けていると、腹筋の辺りが温かくなるのがわかると思います。

寝ヨガの効果としては、不眠時の睡眠促進や精神状態の安定化が挙げられます。
ストレスが軽減されることによって、過食による肥満が防止され、結果的にダイエットに繋がるとのこと。

今回ご紹介した、寝たまま行える健康維持法、寝ヨガ。
ご自分の時間を大切にしたい方には、ぴったりなエクササイズではないでしょうか。

【関連記事】
バストアップ&ダイエットできちゃう!板のポーズでLet’sヨガ♪

ただ真っ直ぐ立つだけ!?山のポーズで姿勢美人に

空中ヨガで新感覚!セレブもハマってる体幹トレーニング法

カンタン!毎日のストレッチでスリムな美人を目指す

簡単な運動だって継続こそ力!ダイエットに大切なこと

通勤通学で「ながら」エクササイズ♪

バランス感覚を鍛えてダイエット!こんな器具がオススメ