これから暖かくなるにつれ、悩ましいのが「日焼け」してしまったあとのアフターケアではないでしょうか?
そこで今回は日焼けすると赤くなる人、すぐに黒くなってしまう人などといった肌タイプ別の対応方法をご紹介します。

肌質別の日焼け後の対応方法

では、ここからはスキンタイプ別に日焼け後のアフターケアの方法を紹介します。

日焼けすると赤くなるタイプの肌

肌が日焼けすると赤くなるタイプの方は、簡単に言うと「軽いやけど」を負っている状態。
そのためアフターケアとしてまずは「冷やす」ことが重要なので、冷水で冷やしたタオルを赤くなっている部分に当てて十分に熱を取ってあげましょう。
その後、肌に優しいローションで水分を徐々に与えていきます。
また、石鹸による洗顔は肌荒れを促進させてしまう可能性があるので、しばらくは水だけに留めておきましょう。

日焼けすると黒くなるタイプの肌

日焼け後に黒くなるタイプの方も肌の熱を取ることは必要ですが、それ以上に重要なのは使用した日焼け止めクリームをしっかりと洗い流すことです。
皮膚を黒くさせる種類の紫外線は「シワ・シミ」の主な原因となるため、皮膚の表層にある日焼け止めクリームを取り除き、乳液やローションの美容成分がしっかりと浸透する肌に整えてあげましょう。
そのため、赤くなるタイプの方よりも早めのケアが必要と言えるかもしれません。

赤くなるタイプの方も黒くなるタイプの方も、日焼けケアは「その日のうち」に行うことが共通して重要です。
今回ご紹介した方法で、焦らず正しい方法で日焼け後のアフターケアを行ってくださいね。

【関連記事】
敏感肌の人にオススメな日焼け防止対策

肌質別!オススメ日焼け止め

知っておいて損はない!日焼け止めの正しい塗り方

ストールを使いこなして爽やかUVカットコーデ♪

早めに紫外線ブロック!美白美人になる方法とは

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう