普段何気なく使っている化粧品は、「医薬部外品」「薬用」「医薬品」と表記されたものと、何も書かれていないものに分類されます。
これらの違い、何だかわかりますか?

3種類に分かれる化粧品

日本には『薬事法』といわれる法律があります。それによって「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」と大きく分けられています。

「医薬品」…
これは読んで字のごとく「薬」を指しています。症状のあるものに対して効果・効能があり、医師の処方が必要なものです。

「医薬部外品」…
すごく簡単にいうと、薬と化粧品の真ん中にあたります。効果・効能はあるけれども治すまではいかない…つまり予防する程度のものを指します。これは医師の処方は必要ありません。市販で買えるニキビ用のスキンケアなどがソレに該当します。

「化粧品」…
これは、薬が入っていないまたはそのような類の成分が入っていないものを指します。人体に対する作用がおだやかなものと言えます。今あるスキンケア用品の中では少ないのかもしれません。また、メーキャップ用品などもこれに当てはまります。

化粧品1

「薬用化粧品」ってどんなもの?

半分くらいの化粧品が「薬用化粧品」だと言っても過言ではないかもしれません。本当によく見かけるはずです。
「薬用化粧品」の中には必ず有効成分というものが入っています。肌のトラブルに効能があるものです。
例えば美白効果があると言われているトラネキサム酸、保湿効果があるヒアルロン酸、炎症を抑えるグリチルリチン酸2Kなどがそれにあたります。

肌に浸透させるために…

「薬用化粧品」の国からの認証は実は簡単だそうで、強い作用のある“指定成分”さえ表示すればいいという裏事情があるようです。
よって他の成分をいくらでも隠せてしまうと言われています。いくら全成分表示が出ていたとしても、企業秘密の成分は表記していないことが多いのかもしれませんね。
そして、「薬用化粧品」の落とし穴として、有効成分を機能させるために合成界面活性剤を使って肌に穴をあけます。
つまりバリアを壊し、そこから有効成分を肌に浸透させていくそうです。
これが「医薬部外品化粧品」のからくりで、だからこれらの商品が増えていると言われています。

汚れは落ちますが、合成界面活性剤により肌への悪影響は少なからず存在します。
薬用化粧品を使用する際は、これらのことも少し心に留めておくと良いかもしれませんね。

【関連記事】
早めに紫外線ブロック!美白美人になる方法とは

化粧水をもっと浸透させたい!手を駆使した浸透法♪

化粧品は劇的に変化するものではないって知ってましたか?

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう