紫外線が強い季節は、様々な日焼け対策をして、紫外線から身を守っていますよね。
でもその前に、紫外線の特徴を理解しなければ、万全な紫外線対策にはなりません。
帽子や日傘をさしても、完全に紫外線を遮断することはできません。

では、どのような方法が良いのでしょうか。

照り返しによる日焼けの対策方法

紫外線は、上から降り注ぐだけではありません。
地面に反射して、下からも照り返しによる日焼けをしてしまう場合があります。
紫外線には、波長の短い紫外線Cと波長の長い紫外線Aがあります。
その中間が紫外線Bです。
紫外線が人体に及ぼす影響が悪いものは、波長の短い紫外線です。
地球上に降り注ぐ紫外線のほとんどは、紫外線Aで、紫外線Bが少しだけ混ざっています。
紫外線Aは、メラニンをつくり、シミなどの原因となります。
紫外線Bは、DNAを傷つけ、皮膚ガンの原因をつくります。
この両方を遮断する必要がありますね。
紫外線は、反射する性質を持っていて、アスファルトだと10%、砂浜は25%、雪が80%です。
つまり白い地面ほど、反射しやすいということになります。
この事から、帽子だけに頼るのではなく、日焼け止めを塗ったり、反射しづらい帽子や日傘を使用することが大切です。
紫外線は、顔だけでなく眼球にも入り込みますので、UVカットサングラスもあると良いでしょう。
日焼け止めは、SPFの数値によって、その効果が持続する時間を示しています。
SPF50が最高値で、時間になおすと20時間以上になります。
SPF数値が高いほど、肌あれの原因になりますので、普段は数値の低めのものを使用しましょう。
またPAの数値は、数時間の間にどれくらい紫外線Aをカットできるか、という基準で設定されています。
PA+++が最高値ですが、屋外でスポーツをしたり、海水浴をするのでなければ、必要ないと言えるでしょう。

 

【関連記事】
美肌キープのコツは保湿とUVケア!潤い素肌で肌も元気に

パサパサの髪の毛ともサヨナラ!シャンプーの仕方で髪の毛大変身♪

美肌キープのコツは保湿とUVケア!潤い素肌で肌も元気に

納豆卵オクラうどんでランチ♪美肌効果大でお腹もいっぱいに

コラーゲンでダイエット中も美肌効果

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう