日焼けが気になる時、あなたなら何色の服装で出かけますか?
もちろん、帽子や日傘、UV化粧品などで紫外線対策をすると思いますが、もし、服装の色で日焼け防止効果があるとしたら嬉しいですよね。
では、何色の服装が日焼け防止に最適なのか、なぜその色の服装は日焼け防止効果があるのかをご説明いたします。

服装の色による日焼け防止効果

暑い季節になると、さわやかで涼しげな淡い色の服装をしたくなりますよね。
見た目にも涼しい感じがしますし、汗をかいても清潔感が漂います。
それとは反対に、濃くて暗い色の服装は、見ているだけで暑苦しいしさわやかな印象とはかけ離れてしまいます。
では、どちらの色合いの服装の方が日焼け防止効果があるのでしょうか。

色には、紫外線を反射しやすい色と反射しにくい色があります。
白色は、紫外線を反射しやすいので、日焼けしやすい色ということになります。
もちろん、洋服だけでなく帽子や日傘も同じです。
ただし、UV加工が施されているものに関してはそれほどの差はありません。
とは言っても、服を着ている部分の話です。服装が白っぽければ顔に紫外線が反射しますので、やはり日焼けしやすい色ということに変わりありません。
黒っぽい服は、紫外線を吸収しますので顔などに反射することはほとんどなく、服を着ている部分も日焼けしにくい効果があります。
しかし黒は、熱を吸収する色ですので着ているだけで熱をため込み、体感温度はかなり暑いと言えるでしょう。

 

【関連記事】
美白化粧品に潜む落とし穴…!

乾燥が気になったらコレ!メイクの上から使えるオススメ保湿スプレー

油断大敵!帽子を被っても地面からの照り返しで日焼けしちゃう!?

肌断食のススメ!肌状態を理解してキレイ素肌へ

美肌キープのコツは保湿とUVケア!潤い素肌で肌も元気に