皮膚には必ず常在菌が存在しています。「顔ダニ」などもそのうちの一種です。
菌=汚い、顔ダニ=気持ち悪い、と思うかもしれませんが、皮膚には大切なものなのです。

皮膚を守ってくれる常在菌

皮膚には10種類ほどの常在菌がいて、その数約1兆個と言われています。
アクネ菌、黄色ブドウ球菌、表皮ブドウ球菌、顔ダニなどがそうです。
これらは、皮脂や汗などを食べて生息していて、グリセリンという保湿成分を排出しているそうです。つまりわたしたちの皮膚を守ってくれているわけです。
ですので普段は害をもたらす菌ではないということです。

アクネ菌がニキビをつくるとは限らない

よく、アクネ菌がニキビをつくると言われていますが、アクネ菌がつくるわけではありません。
何かの原因で皮脂が過剰に分泌し毛穴が詰まると、アクネ菌が増殖します。それで炎症をしてニキビができてしまうのです。
つまり、アクネ菌が増殖しないようにすればいいわけです。

常在菌とうまく付き合っていくには?

そもそも常在菌は悪さをする菌ではないということ。
ですから殺す必要はないのです。殺菌性のスキンケア用品がありますが、かえって肌を傷める危険性があります。

それじゃあどうすればいいの?

洗い過ぎに注意

まず、洗い過ぎに注意が必要です。洗い過ぎると常在菌が減ります。
そうすると皮膚を守れなくなってしまいますし、皮脂がなくなることにより皮膚バリアが壊れ乾燥を招くことになります。
夜は成分のよい石けんで洗い、朝はぬるま湯で洗うだけで充分だそうです。
そして肌を弱酸性に保ちましょう。アルカリ性のままだと肌トラブルになりやすいです。
更に大事なのは、乳液などを使わないことです。皮脂と同じような成分のクリームをうっすらつけるだけでOKなのです。
肌を甘やかしすぎないように気をつけましょう。

生活を見直すのも大事♪

食生活を見直し

スキンケアに頼るだけではなく、食生活を見直したり、質のよい睡眠をとったりストレスを溜めないようにするのも大事です。
免疫力が低下すると皮膚環境も悪くなってしまいます。
上手に常在菌と付き合っていきたいものですね。

 

【関連記事】
デートなのにニキビが!そうならないための美肌術♪

皮脂のとり過ぎは老化を早める!? 天然クリームの秘密

洗顔フォームが肌をかさかさにしてるってどういうこと?

早めに紫外線ブロック!美白美人になる方法とは

ファンデーションは肌に悪い?!そのワケは…?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう