春が近づいてくるとなんだかわくわくしますよね。気温があがり日照時間も増えた今日この頃。
でも、だからこそ気をつけたいのが紫外線です。冬よりも紫外線の量が一気にアップします。
シミやシワ、皮膚がんの原因にもなりますので、今のうちからきちんと対策をしましょう。

美白系化粧品は日を通す

紫外線が増えてくると身体は反応を起こします。身体の内部を守ろうと、徐々に肌が黒くなり始めるのです。
ゆっくりと時間をかけてメラニンの黒い幕を張るようなイメージです。
これは生理反応であり、肌にとってすごく大事なことになります。
わざわざメラニンを増やすと言うことは、日焼け止めなどよりも効果的で理にかなっていることなのです。

日傘や洋服、そして肌も、白ければ反射するだろうと思っているかもしれませんが、黒い方が紫外線を一番カットできるそうです。
白は反対に紫外線を通してしまうのです。よって美白化粧品などで美白をしている人は、紫外線が入りやすい肌となってしまうといわれています。

散乱剤と吸収剤の違い

紫外線対策

紫外線対策の乳液やクリームは2種類のものがメインに売られています。
ひとつは「紫外線散乱剤」しか使っていないもので、もうひとつが「紫外線吸収剤」を併用したものになります。
「紫外線散乱剤」とは、紫外線を反射させて肌に浸透しないようにするためのものです。
酸化チタンや酸化亜鉛などがそうで、肌にやさしいと言われています。
その代わり塗った時に重たさや白っぽさがあります。
「紫外線吸収剤」は、吸収剤が紫外線を化学的に吸収し、肌への浸透を防止するためのものです。散乱剤に比べて軽い付け心地で白っぽくなりにくいのが特徴です。
一般的に売られている日焼け止めはこちらのタイプになります。
しかし吸収剤は実は、「クレゾール」と言われる消毒剤と同種の毒性を持ち合わせています。細菌を殺せるから消毒薬として使われているものです。
そして紫外線を吸収する際に化学反応が起き、肌に負担をかけると言われています。
できるだけ成分のよい日焼け止めを選んでみてください。

自分自身も対策を

紫外線対策

日焼け止めは分厚く塗ればいいというものでもありません。
また、衣服の擦れや汗などで落ちてしまうので、1度付けたから大丈夫だと思わないで、必ず塗り直しをすることが大切です。
また、帽子や日傘、サングラスなどを用いて紫外線を予防することも大切です。
その他に肌のバリアゾーンを強化する、食生活に気をつけるなども大事なことです。

 

【関連記事】
美肌キープのコツは保湿とUVケア!潤い素肌で肌も元気に

美白化粧品に潜む落とし穴…!

ファンデーションは肌に悪い?!そのワケは…?

悩めるシミ対策の注意点とは?

キレイよりも健康を!キッズコスメや子供のスキンケアの落とし穴

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう