ビタミンCやビタミンB群などは耳馴染みのある言葉ですが、ビタミンAってイマイチ聞きなれないですよね?
ところがこのビタミンAは、皮膚の一番外側を守ってくれるという大事なビタミンなのです。
もし傷がなどができてしまったらビタミンAを積極的に摂ったり、ビタミンAが入っているクリームを塗ってみてください。
心なしか治りが早いですよ。

レバーやβ-カロチンが供給源

レバー

ビタミンAは脂溶性ビタミンの一つで、鶏や豚のレバー、うなぎ、β-カロチンが動物体内の腸においてビタミンAに変化します。
ビタミンAは皮膚や粘膜の正常保持、成長促進、視聴覚の維持などに効果があると言われている大事なビタミンの一つです。
動物にのみ存在し、肝臓に蓄えられます。
弱肌の人、ニキビや吹き出物ができやすい人、サメ肌の人、荒れ肌の人には是非積極的に摂って頂きたいビタミンなのです。
適度に厚く、きれいな角質層になるのを手助けしてくれます。

色の濃い野菜で補給

色の濃い野菜

野菜の中でβ-カロチンが多い野菜は、濃い緑、黄色、オレンジです。
それらは、ホウレンソウ、春菊、ニンジン、かぼちゃ、小松菜が圧倒的にβ-カロチンを多く含んでいます。
特にゆでたニンジンは群を抜いて高いβ-カロチンが含まれています。身体を冷やさないためにも、湯通ししてから食べた方がいいでしょう。
ちなみにニンジンジュースもβ-カロチンは多く含まれていますが、ゆでたニンジンの約半分となってしまいます。
β-カロチンは、必要な時にはビタミンAに変換されますが、不必要な時にはそのまま脂肪細胞に溜められるか、排泄されてしまうというから面白いものですね。

不足する場合とその副作用

ビタミンAの不足を招く原因は、アルコールの過度の摂取や激しいダイエットなどからもくるようです。
また、長期に及んで下痢が続く時や偏り過ぎる食事の場合も起こるようです。
そしてビタミンAが不足すると夜盲症(やもうしょう)つまり暗い所で物が見えなくなったり、目の角膜に潰瘍ができたり、角膜が乾燥して変質し、最悪の場合には失明する場合もあると言います。
皮膚においても、肌荒れや乾燥、皮膚炎、口内炎、ニキビなどができやすくなるそうです。

過剰摂取もNG

ビタミンAを過剰摂取した際に見られる急性と慢性の症状があります。
急性の中毒症状は、腹痛、悪心、嘔吐、めまい、全身の皮膚がぼろぼろと落ちるなどの症状がみられると言います。
慢性の中毒症状では、全身の関節や骨の痛み、皮膚の乾燥、脱毛、食欲不振、体重減少、肝臓や脾臓の肥大、脳の脊髄の内圧が高まることにによる頭痛及眼底の視神経腫大など大きな症状になることがあります。
その他過敏症として、催奇形性、骨密度の減少、骨粗しょう症などもあると言われています。

何事もバランスが大切です。ちょうどよい量を摂取するよう気をつけましょう。
そして是非美肌を手に入れて下さい。

【関連記事】
アマニ油を取り入れよう♪美容にも健康にもいいアマニ油って?

がごめ昆布で優香も-7kg減! 美肌・健康にも

納豆卵オクラうどんでランチ♪美肌効果大でお腹もいっぱいに

お風呂あがりのマッサージタイム♪クリームやオイルで美肌へ

美白化粧品に潜む落とし穴…!

野菜中心の栄養満点レシピでヘルシー美人に♪