メイク用品の使用目的と言えば、もちろん「美しく」するためですよね。
年齢を重ねても塗ればつるんと見えるファンデーションのCMがやたら多いと感じます。
毛穴やニキビ、シミ、シワが見えない陶器の様な肌に、女性なら絶対憧れを持つと思います。
しかしそれらが実は肌を壊しているかもしれないって知っていますか。

脂分の代わりに合成ポリマー

合成ポリマー

ファンデーションには大きく分けて、リキッドファンデーション、クリームファンデーション、パウダーファンデーションの3種類があります。
ひとむかし前までは、タール色素や合成界面活性剤が使われているものの、まだ基材に脂分が使われていたらしいので今よりはまだマシだったようです。
現在は脂分の代わりにビニール系やアクリル系などの合成樹脂が使われています。いわゆる合成ポリマーです。

クリームやリキッドは毒性が高い

リキッドファンデーションとクリームファンデーションは粘度の違いがあるくらいで、共に肌にダメージを与える成分やトラブル肌になる有害成分がたくさん配合されています。
塗っている間は美肌に仕上がりますが、素肌はキレイになるどころか、老化した肌になる可能性が高いと言われています。
リキッドファンデーションというと、「たくさん配合されている美容成分により、肌に潤いを与えて乾燥から守ってくれる」や「くずれにくい」「テカらない」「毛穴・シミ・シワ・くすみをカバーする」など…、
どのメーカーでも同じようなことが散々書かれていますが、基本的にリキッドファンデーションには、合成界面活性剤 、 合成ポリマー 、 表面修飾剤がたっぷり配合されています。
そして合成ポリマーが多種類配合されていますので、クレンジングをしてもなかなか落ち切れません。そうすると強力なクレンジングを使うことになり、更に肌を傷めてしまいます。

パウダーファンデーションでも毒性は変わらず

パウダーファンデーションは、リキッドやクリームのファンデーションよりも肌への負担がまた少ないと思っているかもしれませんが、実はそうではないようです。「まだマシ」というくらいです。
固形だから合成界面活性剤、合成ポリマーの配合量が少ないと思われがちですが、リキッドやクリームと同じくらい配合されていると言っても過言ではありません。
特にウォータープルーフのパウダーファンデーションには、合成ポリマーがたっぷり配合されています。
ですので、リキッドやクリームと同様、クレンジングをしてもなかなか落ちないのです。

これらを直接肌に乗せるのは肌に毒です。しっかり下地をつくってから塗りましょう。

肌に優しい化粧アイテム

肌に負担がかからないメイクは、実は「おしろい」なのだそうです。昔の女性たちが使っていた、あの白いお化粧です。
確かに今あのメイクをやれと言われても、芸子さんや舞子さん以外はできませんよね。
なぜ肌に負担がかからないかというと、パサパサとはしますが、肌を密閉しないので通気性がよいのです。
また、アラビアゴムやカラヤゴムというゴムをお湯で溶かして作った「水おしろい」も、カバー力などは劣るものの、肌に優しいと言われています。

【関連記事】
合成ポリマーはまるでマジシャン!“もちもち肌”の正体は…

マスク着用時の落ちにくいメイク法とオススメファンデーションはこちら!

化粧品は劇的に変化するものではないって知ってましたか?

悩めるシミ対策の注意点とは?

キレイよりも健康を!キッズコスメや子供のスキンケアの落とし穴

アンチエイジングしてキレイ回復!無理なくゆっくり計画的に