アイドルグループやモデルなどの影響で、スキンケアやメイク、染髪などを行う小学生や中学生が増えてきました。
毛穴も見えないほどの色白肌になりたい、かわいくなりたいからメイクする、髪の毛もまっすぐにしたい、茶髪・金髪にしたい…。
女の子なら誰しもそんな欲求は持っていましたよね。
母親の化粧品をこっそり使ってみたりもしたはずです。
しかし子供たちの化粧が当たり前になってしまったら…

キッズコスメの様々な被害

キッズコスメ

今はキャラクターなどをパッケージに使って可愛く見えるように売られているキッズコスメ。
キッズコスメと言われるからには、肌に優しいのだろうと思いきや、実際は大人の使っているコスメと何ら成分は変わらないと言われています。
子供の皮膚は大人の半分の厚さしかありませんし、未完成なのです。
そこに有害成分が浸透していけば、肌トラブルやアレルギーなどが起きてもおかしくはないのです。
実際に湿疹により全身が赤く腫れあがり、高熱を出してしまったという報告もあるとか。

含まれる有害成分

日本消費者協会によると子供向けであるはずのリップスティックの成分を確認したところ、いくつもの有害成分が配合されていることがわかったそうです。
それらの成分の中にはアレルギーや皮膚炎を起こす可能性があるものが配合されていたということです。

注意喚起がされていないメーカーも

キッズコスメの中には、子ども向けの化粧品の表示において、自主的に基準を設定しているところがあります。
「これは子ども用化粧品です」「保護者の監視のもとでお使いください」の2点を表示するというものですが、表示がされていない商品も多いのも事実です。

肌荒れが更に深刻に

中学生以上になるとスキンケアを始める子供たちもいると思いますが、かえって肌荒れになったという意見が多数あります。
おしゃれなモデルや好きな芸能人が使っているから、雑誌でオススメされていたから、という安易な理由からかもしれませんが、間違ったお手入れや合成界面活性剤がたくさん配合されたものを使えば、確実に肌が弱まりトラブルのもとになります。
肌の老化は20代になってから始まると言われています。
まだ、若ければ肌の新陳代謝が早いので、間違いだと気づいてやめられればいいのですが、肌がおかしくなったからと言ってまた違う化粧品に手を出す危険性があります。
結局それでは何も変わりません。
利益優先の雑誌や化粧品会社に、親と子が乗せられないということが大事なことだと言います。
有害物質の入った化粧品や髪の毛を染める行為を子どもの頃から続けていると、若くして肌がボロボロになっていくと言われています。
それらを使い続ける限り、アレルギーやトラブルを起こして改善される事はありません。
子供たちの安全と健康を願うのであれば、一時の子供のわがままや欲求、親の自己満足だけで子供たちの健康を阻害するようなことはやめておきたいものですね。

 

【関連記事】
化粧品は劇的に変化するものではないって知ってましたか?

洗顔フォームが肌をかさかさにしてるってどういうこと?

美白化粧品に潜む落とし穴…!

オーガニック化粧品は本当に安全? 実は意外な落とし穴が…

合成ポリマーはまるでマジシャン!“もちもち肌”の正体は…