「たるんだ体を引き締めたい!けどムキムキになりたくないから、筋トレはイヤ」
という女性は多いのではないでしょうか。
そんな心配は無用。女性は、女性ホルモンの影響で筋トレしてもなかなかムキムキにならないのです。
女性には筋肉を発達させる効果や体脂肪を減少させる効果の強いテストステロンという男性ホルモンが少ないため、いざ筋肉をつけようと思ってもそう容易ではありません。
とはいえ、まったくムキムキにならないわけではないので、今日はムキムキになりすぎない筋トレ法を紹介します。

ムキムキになりすぎない筋トレ法

走るより歩こう

有酸素運動は脂肪燃焼に効果を発揮するのですが、しすぎると、脂肪ではなく筋肉を落としてしまいます。
そのため、走るより手軽に歩きましょう。

重たいものより軽いもので

軽めのウェイトの方が、重たいウェイトで頑張るよりもきれいな筋肉をつけるのに効果的です。
美ラインをつくるには、軽めで★

長時間より短時間

有酸素運動は20分を目安に心地よいウォーキングや軽いウェイトを使用したトレーニングがおすすめなのです。
それ以上頑張ってしまうと脂肪だけでなく筋肉も落としてしまうので短時間を守りましょう。

1日置きに行おう

体が筋肉を作って、次の筋肉の準備をするのに1~2日かかるといわれているため、きれいな筋肉を育てるには1日置きに筋トレするのがベスト★

きれいな筋肉を育て、ムキムキになりすぎない美ボディを手に入れ、楽しく女磨きをしてみてください。

 

【関連記事】
体を温めて痩せやすい理想的な体質に!日常生活に取り入れられる温め法

エクササイズをしすぎて筋肉痛・・・どうすればおさまるの?

【ポケスリム】いつでもどこでも気楽に腹筋できる筋肉トレーニング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう