コーヒーに含まれるカフェイン。
実はこのカフェインを運動前に摂取すると代謝がアップし、ダイエット効果があることを知っていますか。
今回はその理由と、摂取方法を紹介していきます。

カフェインで代謝アップする方法

脂肪燃焼効果

コーヒーに含まれるカフェインには、実は脂肪燃焼や脂肪分解を助ける働きがあり、
代謝をあげる効果があるのです。
摂取したカフェインは交感神経を刺激し、体内にたまった脂肪を分解し、血液中に出してくれるのです。
そこで運動をすると血液中の脂肪を効率よく燃やすことができるというわけなのです。
特に、体内の脂肪が燃焼されやすい、有酸素運動を行うとより効果的!
運動の前には、コーヒーを飲みましょう。

代謝アップ&むくみ解消

カフェインには利尿効果もあります。代謝がよくなり、むくみの解消に期待できます。

リラックス効果

コーヒーの香りにはリラックス効果もあります。

コーヒーの摂取方法

運動を始める20~30分前にコーヒーを飲むといいでしょう。
脂肪分解の効果をよりアップさせるには「ホットコーヒー」が最適!

できればブラックで

砂糖やミルクを入れてしまうとカロリーアップしてしまうので、なるべくブラックで飲むことがおすすめです。

飲みすぎに注意!

カフェインの1日の摂取量を250ml以下にしましょう。(ドリップコーヒーなら1日3杯くらいが目安)
コーヒーダイエットといっても、飲みすぎは禁物です。カフェインの過剰摂取のないよう気をつけましょう。

 

【関連記事】
「緑茶」が海外ダイエッターたちの間で注目されている理由

成功するダイエット、おすすめのダイエット法

ローフードには酵素たっぷり!食事から健康美人へ